2014年03月31日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

hanabira.jpg

ー は な び ら ー

河童の森
大きな桃の樹が2本

桃色の花を満開に咲かせている
風が吹くと
花びらが舞う
舞ったはなびらは小川に散る
散ったははなびらは
流れて
菖蒲の葉に止まる
ひとつふたつ
春の小川はさらさら流る
これは
春の風情
でも
えびもメダカもこぶなもいない



posted by t_matusige401 at 08:18| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

jibunn 自 分 を 探 し に 幾 千 里

tukusinnbo.jpg

ー 土 筆 ん ぼ ー

団地の芝生には
山土筆が顔を出している
もう春だなと
思っていると
そのすぐ上
桜の樹は花がいっぱい
昨日まだつぼみ膨らむ感じだったのが
突然 満開に近い
驚き
桜の開花も異常の様子



posted by t_matusige401 at 06:13| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

kappanomori.jpg

ー 河 童 の 森 ー

春霞ただよう様な
長閑な春日和

河童の森には
桃の花が咲いていました
小川の淵には
菜の花が咲いていました
整備途中の公園には
白モクレンが咲いていました
鋳物の錆びた手押しポンプが
まだ使われているようで
河童の森にふさわしいと思いました
背丈50センチばかり
木製の河童太郎が出迎えてくれました
小川は水が浅く
河童は住めないなと思いました

地方の有志が造り上げようとしている
小さな憩いの場です



posted by t_matusige401 at 08:44| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

mezame.jpg

ー 目 覚 め ー

昨日は一日中雨が降っていました
私は一歩も外へ出ませんでした
絹羽二重とパソコンが相手

そうして 「目覚め」 が出来ました
アートと写真がミックスして
すっきりと気持ちいい作品

でもこれは 「はっきり わかりすぎ」 

分らなくて感じられるもの
しかも
その感じが強烈
瞬時に人の眼を引かねばならない

今日は絶好の春日和
河童の森へ女房と散歩



posted by t_matusige401 at 07:56| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

kyokusenn.jpg

ー 曲 線 ー

曲線
チューリップの
葉の形
実に楽しい
その曲線がユニーク

昨日
チューリップ畑へ出かけてみる
沢山植え込まれているのだけれど
育ちが悪くて
さっぱり

葉が伸びていない
10p 〜 15p
ユニークな形もほとんどない
それでいて
花のつぼみがふくらんでいる

暑くて
毛糸のシャツを脱ぐ



posted by t_matusige401 at 08:55| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

zoukei-tyuurippu-1.jpg

ー 曲 線 ー

昨日
手紙を2通手に持って近くのポストへ
半分くらい
行ったところで
赤い車 郵便集荷車

ポストから取り出し終わって次への様子
「遅れたか 残念」

ポストに入れようとしていると
先ほどの赤い車が近くに止まって 人が降りてくる
濃紺の作業服とズボン
濃紺の縁付の帽子 赤い線が入っている
見るとお辞儀をされる
私もお辞儀をする

「郵便物ですね」
「はい」
「預かっていきましょう」
「わざわざ廻って下さったのですか」
「はい 郵便物らしきを持っておられるのが見えたので」
「有難うございます」

手紙を手渡して 深くお礼をする
「すばらしい記念切手ですね」
「はい 気持ちが違いますので」

すらりと背の高い女性でした



posted by t_matusige401 at 08:55| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

haru.jpg

ー 春 ー

寒かった
忙しかった

か月ばかり
ほとんど撮っていません

仕事が一段落
温かくなった

今朝
団地の花畑をぶらぶら

これは絹羽二重と同じではないのか
元気が出る


posted by t_matusige401 at 09:38| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

reiki.jpg

ー 霊 気 ー

絵でも音楽でも彫刻でも
芸術の根源はエロ
スだという
エロスとは
愛の神 官能の愛

生きる基本はそこに在るかもしれない
それを扱って出来上がる作品には
霊気がないといけない

かつて 
ある美術館の奥まったところ暗がりに
誰かが座っている
恐る恐る近づいて見ると
それは 平櫛田中の彫刻であった

私は驚いた
これは凄い
そこには霊気が漂うていたのであろう

仏像の前で両手を合わせ 頭を垂れる
同じ気配



posted by t_matusige401 at 08:27| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

sinnseinarumono.jpg

ー 神 聖 な る も の ー

アートとフォトグラフ

アートは自分
ですべて作り出したもの
フォトグラフは自然にあるものをカメラで撮ったもの
撮ったものを自分の意図に合わせて多少色調補正しても
所詮自然そのもの

自然に置かれた絹白羽二重の
光によって生まれる曲線や光の綾
そこにマクロレンズで自分を探し出す
その時の私の眼が 心が
それがアート的
私はアート的なものが好きだから

見つけたものが たとえアート的であっても
これはフォトグラフ
それは自然にあるものを撮っているから

私はそう思っています



posted by t_matusige401 at 08:39| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

akebono.jpg

ー あ け ぼ の ー

ニコンへ絵の先生が来て下さっ
ていました
お礼の電話をしました
「良かったよ やわらかい春らしい雰囲気で」
「はい」
「題名 麗しき朝 がいいね 内容とぴったりだね」
「そうですか」
「全体にやわらかい朝日の輝きがあって 色がいいね」
「そうですね」
「10枚がうまく 麗しき朝 にまとまっている 納得できますね」
「いやーどうも」
「とにかく 今の季節 春にぴったりの内容で タイムリーだね」
「そういうことも大切ですか」
「そうだよ」

絵の先生は見方が違う と思いました



posted by t_matusige401 at 09:45| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

amenoginnza.jpg

ー 雨 の 銀 座 ー

昨日
ニコン搬出しました
外して
いると次の方が来られました
赤外線デジカメで撮ったユニークな写真です
私の作品を見て
「これは凄い どのようにして撮られたのですか」
被写体は布で マクロレンズで撮ったことを説明すると
「素晴らしい内容ですね ただ題名が良くないね」
「どういうふうに」
「一字か二字でいい すかっと もっと広く深く なんというか・・・・・」
「たとえば夢とか幻とか微睡とか」
「いや違う・・・・・」
かなり真剣に考えて下さったけれど言葉は出ませんでした
「有難うございます おっしゃる意味分るような気がします」
それでもまだ考え続けておられました

「くう(空)」  「気」  あたりが出て来ていたら私は満足



posted by t_matusige401 at 08:12| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

uenobijyutukann.jpg

ー 上 野 東 京 都 美 術 館 ー

昨日 絵の友達が仲間と5人
ニコンに来て下さいました
パステルカラーで 色に味があると言って下さいました
その後 運良く
知人が4人 次々と来て下さり
いろいろ質問もあったりで
久しぶりに話が弾みました

帰りに上野東京都美術館に寄りました
世紀の日本画展
狩野芳崖の「悲母観音」を見てきました
この日はシルバーデイとか
65歳以上は無料でした
有意義な半日でした

いよいよ今日はニコン搬出です
4時前に行って作品を外します



posted by t_matusige401 at 08:46| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

ginnzanoyoi.jpg

ー 宵 の 銀 座 ー

数年前から
電車に乗ると
優先席に座ることにしてい
ます
比較的空いているのと
端っこで居眠りするのにいいからです

先日も優先席に座っていました
結構混んでいて
優先席も満席でした

ある駅から私よりかなり高齢に見える女性が
杖をつきながら乗ってこられました
娘さんらしき人が付き添っていました

私は座席を譲らないといけないかなと思いました
そんな感じでした
と その人は 私の横に座っている人に向かって
「座席を譲って下さい」
はっきりとした口調でおっしゃいました
隣の人は30歳前後の若い女性でした
若い女性は黙って立ち上がり車両の中央の方へ消えました

当然のことをはっきり言ったまで
黙っていて 人の気を迷わすよりいいでしょう
でも私には
何か割り切れないものが残りました



posted by t_matusige401 at 09:04| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

nkj-6.jpg

ー 宵 の 銀 座 ー

私の作品展が
人との役に立つ
こんな
うれしいことはありません
そんなことを考えていると
ふと思いつきました

ニコンへの搬入の時
女房が付いて来てくれました
搬入自体は一人で充分ですが
亭主がどんな展覧会をするのか
見ておくのもよかろうと

お蔭で
銀座のビヤホールの二階
銀座通りが見える窓際の個室
スリムなコップで乾杯して
久しぶりに
二人の時を過ごしました
「宵の銀座」



posted by t_matusige401 at 07:23| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

nkj-9.jpg

ー 乾 杯 ー

昨日
高校同窓生11名
ニコン
に集まって下さいました
「君の作品展を肴にして 一年に一回
こうして集まれるのは有難いね」
ささやかな作品展が仲間の役に立つのかと思うと
嬉しく元気が出ます
「昨年に比べると今年は随分変わったね  何かあったの」
「何もありませんが 常に変化を求めて作画に努めています」
「じゃー 来年はどう変わるか楽しみだね」
「はい元気に頑張ります」

すぐ近くのビヤーホール「特別室」で
「 乾 杯 」
予定の2時間を超過しても
話題は尽きませんでした



posted by t_matusige401 at 07:46| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

reimei.jpg

ー 黎 明 ー

光の造形
光が造り出す形

しかし


自分が造ってはいけない
形を造ろうと思ってはいけない

自然に置かれた
白羽二重の皺 
波模様

その中に
マクロレンズで
探し出さないといけない

作品は自分を超えた
自然の賜物



posted by t_matusige401 at 08:02| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

jibunntenn-1.jpg


nkj-10.jpg

ー も ん じ ゃ 焼 ー

昨日
写真仲間10名
ニコンに集
まって下さいました
ささやかとは云え
展示された自分の作品を前に
「自分なりに一生懸命創った作品を
こうして多くの方々に見て頂ける有難さ
これは創る者冥利に尽きます」
と挨拶しました
思いがけない
その場で感じた実感でした

その後
小雨まじりの天気でしたが
佃島へカメラ散歩

楽しみにしていた
もんじゃ焼きを頂きました
さっぱりとした味
美味しかったです



posted by t_matusige401 at 09:17| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

jibunntenn-1.jpg


nkj-4.jpg

ー 麗 し き 朝 ー


今日
写真仲間10名ばかり
ニコンへ来て下さる

私が初めて自分展を始めて
もう10年以上
毎年来て下さっている
ほんとうに有難いこと

今年は少し遠慮していたのだけれど
「楽しみにしている」 と声をかけて頂いて
やっぱり元気を出そう

昼は佃島でのもんじゃ焼き
そんな計画もあるそうな
お楽しみ




posted by t_matusige401 at 08:01| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

jibunntenn-1.jpg


nkj-2.jpg

ー 麗 し き 朝 ー

昨日
写真クラブ例会で
私の作品3枚を前にして 先生がおっしゃいました

「この作品を見るとき頭を空にしないといけません」
「写真というこだわりから離れて 素直に見ることです」
「そうすると 見る人のそれまでの人生が浮かぶはずです」
「それでいいのです」

何と見事な解説
創った本人自身 
なるほどと感心



posted by t_matusige401 at 07:42| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

koukotu-s.jpg

ー 恍 惚 ー

恍惚
物事に心を奪われてうっとりすること
意識がはっきりしない様
歳をとって頭の働きが衰え ぼんやりしている状態

絹白羽二重
マクロ105mmレンズ
窓辺の自然光
露出補正をうっかりゼロとしたためグレー

白は露出プラス補正が鉄則


posted by t_matusige401 at 08:29| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

jibunntenn-1.jpg



nkj-1.jpg

ー 麗 し き 朝 ー


黒い壁
黒いマット紙
無色透明なアクリルの額
角4点をクロムに輝くボルトで止めて
上下5点ずつ
10点
二段に並ぶ
中央に題名1点
「 麗しき朝 」

若き男女がいう
「いれいですね」



posted by t_matusige401 at 08:48| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

kabuto-2.jpg

ー か ぶ と ー
 

今日10日
第4回「 自分を探しに幾千里 」展
銀座ニコン 午後搬入
A 4サイズ10枚
ささやかな個展
今年からいろいろ制約を受け
自分勝手が出来なくなり
少し落ち込んでいましたが
でも精一杯創った最新作
多くの方々から 「楽しみにしているよ」 と励まされ
元気イッパイ
去年とはまた一味変わったかな



posted by t_matusige401 at 09:35| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

kabuto.jpg

ー か ぶ と ー

今朝
天声人語

あやまちはくりかへします秋の暮   三橋敏雄

あやまちはくりかへしますあきのくれ
何とも悲しい人間の性
読み返すほどに悲しみがこみ上げてくる
あやまちはくりかへしますあきのくれ

世界中の人間が
戦争は絶対に嫌だと叫んでも
叫び続けても

あやまちはくりかへします秋の暮

実感として響くのが悲しい



posted by t_matusige401 at 09:11| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

asanohikari.jpg

ー 朝 の 光 ー

窓辺のアマリリス
もう葉っぱのみ
5,6本 50p にも伸びている
カーテンの隙間から
朝日が差し込んで
きみどり色に輝いている
私は
あー美しいと思う
この美しさを
何とか絵に出来ないか
今朝
「 朝の光 」



posted by t_matusige401 at 09:21| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

dairisama.jpg

ー 内 裏 様 ー

写真仲間9名
別な友達の写真グループ展を見に行きました
帰り人形の街岩槻で下車
人形店に入りました
1階から4階まで
それぞれ立派な
雛人形5月人形が飾られていました
写真も撮らせてもらいました
何百万円もするのもあって
その素晴らしさに
堪能しました



posted by t_matusige401 at 08:47| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

tobitatu.jpg

ー 飛 び 立 つ ー

黒 絹羽二重 
電燈を消して
懐中電灯のみ
近づけたり
離したり
明るさを調節しながら
形を探す
何百枚撮っても
納得出来るものは
なかなか現れない
ただ繰り返すのみ



posted by t_matusige401 at 08:02| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月05日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

nukumori.jpg

ー ぬ く も り ー

昨日 関西方面へ日帰りして
帰り
東京に着いたのは夜10時過ぎ
ゆっくりと改札を出て
何だか寒々
気が付くと
コートを車内に忘れたよう
すぐ改札の係り員に話して
約10分
無事返ってくる

これがもし 行き
博多行に乗って
新大阪で下車してたとすれば
有ったとしても
急がれる用の中
取りに行く時間がない

寒空の中 コート無しでは
考えると 寒さに身ぶるい



posted by t_matusige401 at 08:59| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

nukumori-1.jpg

ー ぬ く も り ー

今朝はまた一段と寒そう
しばらく真冬並みの厳しさが続くという
やっと春らしくなったかと思えば
またぶり返す
寒い中でも
こころのぬくもりは持ち続けたい

今日はちょっと出かけます



posted by t_matusige401 at 06:41| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

yukinohi-1.jpg

ー 雪 ん 中 ー

絹羽二重の肌合い
作品にも表れるようです
なめらかさ
光沢の良さ
光を当てた反射のやわらかさ

さらに光が形に溶け合って
形があって無きが如くに
そんなものが出来ないだろうか

ぼんやりと暖かい光の饗宴



posted by t_matusige401 at 09:42| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

hinamaturi.jpg

ー ひ な 祭 り ー

娘が嫁いで15年にもなる
毎年3月になるとお雛さんを飾っている
買ってから40年以上にもなるお雛さん
飾り物が一部壊れたり
衣装も少し色あせた気もする
でも
お雛さんを飾ると部屋中が明るくなる
娘の子供のころを想い出すほど感傷的ではないけれど
やっぱり
明るく にぎやかになるのが嬉しい



posted by t_matusige401 at 09:08| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

syounenn.jpg

ー 少 年 ー

「モネ風景を見る眼」
国立西洋美術館
入ってしばらくすると
森を描いて 樹や樹の葉を描くのではない
樹や葉に射す光
光の織りなす麗しき空気感

これは光の造形ではないのか
そういう眼で一枚一枚モネを見ると
全てが光の造形に見えてくる

やわらかい薄紫にけぶる「ウオータールー橋」
薄いピンクと淡い白に覆われた「ルーアン大聖堂」

橋でもない 大聖堂でもない
形があって形がない
まさに光の造形がゆらめくごとし

しばし感慨にふける



posted by t_matusige401 at 10:47| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする