2014年02月28日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

harutikasi.jpg

ー 春 近 し ー


今日は最高気温18度の予報
嬉しい
長い寒さから解放される
よろこび

久しぶりに上野へ出かけよう
国立西洋美術館
モネの絵の数々

心和む
白羽二重 光の造形



posted by t_matusige401 at 09:57| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

自 分 を 探 し に 幾 千 里  

kosyuu.jpg

ー 弧 舟 ー

光の造形の正体は布
布の種類によって
作品の感じが変わってくる

絹 羽二重
やわらかく、軽く、鈍い光沢、風合いのある白
私はまだ絹織物を触ったことがない
思いつくと矢も楯もたまらず
インターネットで調べる

京都 生地専門店
薄手の羽二重 白と黒
注文して翌日到着

初めて触ってみる
さらりとやわらかく しっかりしている
限りなく細い糸
滑らかに織り込まれている
上品な光沢

黒羽二重に懐中電灯を当てて撮影
黒一色 難しい 
一度失敗して 二度目

「弧舟」 を得る



posted by t_matusige401 at 09:03| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

nayameruhibi-a.jpg

ー 悩 め る 日 々 ー
 

「美」 は 「見」
「知」 は 「見」 の後
逆になると 「美」 は見えなくなる
つまり 「美」 は直感

「民藝」 を世に広めた
柳 宗悦の言葉
これは 「美」 をみる立場

「美」 を創る立場では
「情」 が先だと思う

情熱の 「情」
創る情熱 創るものへの情熱
歓び 悲しみ 苦悩 努力 挫折 達成感
人生への情熱

posted by t_matusige401 at 09:24| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

madoromi.jpg

ー ま ど ろ み ー

かつて京都のお母さんと あるお寺を訪ねたとき
65歳以上割引のため
身分証明を見せて下さいという
私はすぐ見せたが 母はもたもたしている
「母です、私より年上です」 と云ったけれど
「それでも、見せて下さい」 という

最近コンビニなどで
酒やたばこを買うのに年齢確認のタッチパネルがあって
皆一律にパネルをタッチするらしい
ある高齢者が 「見ればわかるだろう」 と腹を立てて
パネルを壊したという話を聞いたけれど

店員の融通の無さ
人さまざま



posted by t_matusige401 at 09:15| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

uruwasikiasa-10.jpg

ー 麗 し き 朝 ー

自分を探していて
自分が分らなくなる時がある
自分の視線が間違っているのではないか
自分なりの信念が無くなってしまう

それは人を頼りにし過ぎたとき

どんなに素晴らしい先生がおられても
先生に頼ってはいけない
常に自分は自分の信念を持って
先生と対すること

作品創りは全てが自分
自分本位
先生はあくまでアドバイザー



posted by t_matusige401 at 09:25| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

tuikyuu.jpg

ー 追 及 ー

消費税が上がると
1円単位の値段が付くため
1円硬貨の流通が多くなる
そのため1円硬貨を増やす
ということを新聞で見た気がする

1円硬貨の原価は2〜3円かかっているそうな
5円の原価は 10円の原価は 100円の原価は
と考えてみる
1万円紙幣の原価は・・・・

それを人が得るための価値
それが市場で働いて流通として得る価値
価値というものは様々に変化する

窓の外は どんより曇った 寒空
 



posted by t_matusige401 at 09:15| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

自 分 を 探 し に 幾 千 里 

mugenn.jpg

ー 無 限 ー

オリンピックを見ていて痛感することは
自分のすべてを出し切ること
何事でもすべてそうなのだけれど
この大きな舞台
そこに繰り広げられる悲喜こもごもの中
「生きること」 の神髄が
凝縮されているように思う

「自分のすべてを出し切る」
繰り返し自分に言い聞かせている



posted by t_matusige401 at 08:58| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

uruwasikiasa-9.jpg

ー 麗 し き 朝 ー


「いけるという、すごく強い気持ちを持たなくてはいけない」 と思いすぎたのかも知れない
「どう明日を乗り切ればいいのか、自分でも分らない」
「自分の演技が出来ればいい」

浅田真央 
23歳
フィギュアスケート女子 
フリー演技を前にしての心境

結果
自己最高得点142.71点
6位入賞
くやし涙の中にも
おそらく 
自分を演じ切った満足感

応援するものにも満足感



posted by t_matusige401 at 08:43| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

uruwasikiasa-8.jpg

ー 麗 し き 朝 ー
 

浅田真央16位

オリンピック
フィギュアスケート 女子 S P
まさかの転倒
よもやのミスの連続で
大きく出遅れ

あれほど安定しているかに見えたのに
金メダル
その重さがずっしりと
私の心にもかかってくる



posted by t_matusige401 at 09:00| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

uruwasikiasa-7.jpg

ー 麗 し き 朝 ー 

賞というもの
金賞、銀賞、銅賞
コンテストで入賞するとうれしい
それは自分の努力に対する評価だから
展覧会で 何々賞の札が貼られていると
ふんふんと見る
時には 「おや なぜ これが」 と思うこともある

書道の「全日展」では架空の人物を作って それに知事賞を与えていたとか
その意味、その必要性
私には全く解らない



posted by t_matusige401 at 09:38| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

uruwasikiasa-6.jpg

ー 麗 し き 朝 ー

オリンピックはドラマである
まさしくそう思う

期待され 期待され
むなしく去る若きエース
倒れても 倒れても
立ち上がり
苦節22年
7回目のオリンピックにして
やっとつかんだ
栄光

素直に喜び
素直にはしゃぐ
41歳 葛西紀明
男子ジャンプ銀メダル

「45歳、49歳になっても、体力、技術はもっと向上する。あきらめないでいけるところまでいきたい」



posted by t_matusige401 at 08:47| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

uruwasikiasa-5.jpg

 − 麗 し き 朝 ー


カーリング
日本対スイス
テレビで見ました
見ているうちに だんだん内容が分ってき
作戦を練って それに技術が伴って 的中したときの爽快さ
チャンスが一気にピンチに変わり
ピンチが一気にチャンスに変わる
安心は出来ないし落胆する必要もない
各チーム10投してこれを10回繰り返す
2時間40分の長帳場
11回延長戦の末
9対7で勝利
私は
手を叩いて喜びました



posted by t_matusige401 at 08:38| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

yukinnnaka.jpg

ー 雪 積 も る ー

ソチ・オリンピック
フィギュアスケート 
男子
羽生結弦 
金メダル
19歳の笑顔が清々しい
出足 転んでメダルは逃げたかと思ったけれど
そのあとしっかり実力を発揮したのであろう
以外に高得点でした

「金メダルを取って言うのも何だけれど、やっぱり悔しい」

若さと向上心
見た目も背が高く すっきりとして
外人に引けを取らない

私はこの人を 「ソチ」 が始まるまでまで知りませんでした



posted by t_matusige401 at 10:04| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

kesanoyuki.jpg

ー 大 雪 ー

今朝はまた大雪です
10センチ以上積もっているでしょう
道路も雪でいっぱい
行かないといけない所があるのに
電車が動いておれば午後から出かけるつもり

昨日はブログの切り替えで苦労しました
K D D I 担当者も
私のパソコンを操作出来るよう設定して
電話で2時間余り
何とか切り替わりましたが
不十分
担当者のブログに対する能力不足です
その後自分なりに調整して
何とか形が出来ました
更に勉強します
posted by t_matusige401 at 09:50| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

uruwasikiasa-4.jpg

ー 麗 し き 朝 ー

K D D I さんの都合により 3月31日でこれまでのブログが終了することになりました
そのため新しいシーサーブログに移行切り替えました
ところが移行が難しく 自分の納得いくものになっていません
今後勉強して 納得のいく内容に変えて行きたいと考えております
見苦しい点しばらくご辛抱願います
平成26年2月14日
松重輝夫
posted by t_matusige401 at 18:36| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自 分 を 探 し に 幾 千 里

oyako.jpg

ー 親 と 子 ー

今朝もまた雪
小粒の雪が
静かに 静かに
降っている

傘をさして
駅へ向かう人
ひとり また ひとり

雪だといって
休むわけにいかない
今日一日降るらしい

posted by t_matusige401 at 08:30| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

uruwasikiasa-3-1.jpg

ー 麗 し き 朝 ー

これは二度目の掲載

出来たとき
面白いと思ったものは
その都度掲載してきた

今回10枚まとめて
振り返った時
今までに掲載したのは
これ一枚きり

単品の面白さと
10枚まとめたときの一枚の役割
随分違うものだと思っている
 

posted by t_matusige401 at 09:28| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

uruwasikiasa-2.jpg

ー 麗 し き 朝 ー

ソチ・オリンピック
メダル1号
スノーボード
平野歩夢   銀メダル
平岡 卓   銅メダル
平野 15歳
オリンピック最年少記録

表情も淡々として
素晴らしい

一方 期待の女子ジャンプ
高梨4位 メダルならず

やはり オリンピックには
魔物がいるらしい

posted by t_matusige401 at 09:28| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

uruwasikiasa-1.jpg

ー 麗 し き 朝 ー

毎年銀座ニコンで開いている
私の作品展
「第四回 自分を探しに幾千里」

今年は
10枚を一組にして
1作品として展示

題して
「 麗しき朝 」

光の造形

一枚一枚では
解るような
解らないような

posted by t_matusige401 at 10:33| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

abunai.jpg

ー 危 な い ー

昨日昼間は暖かかったです
お蔭で道路の雪が解けて有難い

小用で銀座へ出ました
日射しが明るく
日曜天国
道行く人も解放されてのびのび

このまま春になってほしい
でもまだまだ
厳しい寒さが続くのでしょう

posted by t_matusige401 at 08:33| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

kesanodannti.jpg

ー 今 朝 の 団 地 ー

大雪でした
冷え込んだ夜は
雪を凍らせ
今朝の団地は
真っ白です

スコップを持って
歩道の雪かきをする人
6,7人

黒い歩道が現れて
きれいになっています

ご苦労様

posted by t_matusige401 at 09:02| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

kesanoyuki.jpg

ー 今 朝 の 雪 ー

今日は16年ぶりの大雪になるという
量は多くないけれど
粉雪がさらさら降り続いている

私にとっては
ビッグチャンス
ベランダから
行く人
行く車

バックをぼかして
雪を撮るなど
いろいろ試みながら
わずか10分
とりあえず

今朝の雪

posted by t_matusige401 at 09:35| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

amaririsu-c.jpg

ー ア マ リ リ ス ・ 若 葉 ー

2本の茎
それぞれに4輪の花が咲き終えて
若葉がぐんぐん伸びて来ています

窓辺の光を受けて
緑の葉っぱに 
陰も映して
斑模様

それが
美しいと思いました
いろんな角度で100枚以上撮って
精一杯
ハイキーな色調補正

まるで絵画になりました
バックに青色をそえて
名前と日付を入れて
出来上がり

posted by t_matusige401 at 09:20| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

yuki.jpg

ー 粉 雪 ー

小さな雪がしきりに降ります
道路に少し積もって
自転車では
走れないようです

日も暮れて来て
雪の夜です
勤めから帰る人でしょうか
自転車を押して
ライトをつけて

ご苦労様
気をつけて

posted by t_matusige401 at 09:06| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

yukigafuru.jpg

ー 雪 が 降 り ま し た ー

昨日3時ごろ

「雪降ってるよ」

大粒のぼたん雪
どんどん降る
まだ積もっていない
降る雪だけではつまらない
少し積ってから

買い物に行って帰ってくる
芝生に少し積もっている

カメラを取り出したけれど
粉雪
ちょっと物足りない

それでも撮りました
私なりの雪景色

posted by t_matusige401 at 08:42| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

asa.jpg

ー 朝 ー

立春

立春にはげまされたる心かな  国弘賢治

寒さはまだまだこれから
なのに
立春と聞くと
春がもうそこまで来た気がする

同じ光がきらきら輝くようにも思える
言葉とはそれほど大切なものかと
思う

posted by t_matusige401 at 09:01| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

guddomo-ninngu.jpg

ー 麗 し き 朝 ー

似てはいるが違うもの
これに 
LEDを当てて
透かして撮る

感じが少し変わってくる

形が自由に変えられるから
何枚でも撮れる

一晩で1000枚を超える
納得作品1枚
5日で5枚の計算
期日まで後6日

posted by t_matusige401 at 09:58| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

houka.jpg


ー 芳 香 ー

無から有
何が出てくるかわからない
このところ
結構楽しいものが出て来ている
題名を付けるのにもうきうきしている

「芳香」もその一つ

「春暁」 「寝覚め」 「麗しき朝」

このような麗しい作品ばかり
9点並べてニコン
出来れば楽しい

posted by t_matusige401 at 10:15| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

nosutaruji-1.jpg

ー ノ ス タ ル ジ ア ー

新型万能細胞
これを作った
小保方晴子さん

先入観・常識に縛られない人だそうな

先入観、常識
写真の世界にもこれが大きくものを言っている

その点
光の造形は常識にとらわれない
無から有が生じて
それを自分の感性だけで捕まえる
偶然性の美

だから楽しい

posted by t_matusige401 at 08:51| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする