2014年01月31日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

demo.jpg

ー デ モ ー

テレビ
ごちそうさん
砂糖が配給制になり
自由に買えなくなった

私の子供のころ
砂糖など無かったらしい
サッカリンとかズルチンとかいう
白い薬の様な粉を薬局で買ってきて
使っていたように思う
サッカリンは少し舐めると甘みはあるけれど
どちらかというと苦い

母はどのように使っていたのであろう
私は母の料理をまずいと思ったことは一度もない
当時はいつもひもじい思いをしていたから
何を食べてもおいしく感じていたのであろう

ある時 キューバ糖とかいう砂糖の配給があるというので
妹とバケツを持ってもらいに行った
バケツを二人で下げての帰り道
少し茶色のキューバ糖
ちょっとつまんで舐めてみる
その甘くて美味しかったこと
今も時々想い出す

posted by t_matusige401 at 09:50| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

ainoasiato.jpg

ー 愛 の あ し あ と ー

LOVE IS ART
STRUGGLE IS BEAUTY
碌山


日本近代彫刻の先駆け

跪き 悶え苦しみながら
しかし強く生きる希望の光を見つめる
重要文化財 「女」

近代彫刻の最高峰を残して
30歳の若さでこの世を去った
荻原碌山

愛は芸術なり
悶えは美なり

私もそんな作品を創りたい

posted by t_matusige401 at 10:23| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

yuuyake-1.jpg

ー 夕 焼 け ー

もう3日も前

黒田官兵衛が結婚

素朴な出会いから
ちょっとした
事情を経由して
うまく結ばれる

それを見て
私は
テレビの前で拍手

なぜ

最近私は
こういう美しい話に心が動かされやすくなっている

美しい話

遠い故郷の夕焼け空
しみじみ想い出す



posted by t_matusige401 at 09:22| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

自 分 を 探 し に 幾 千 里 

akebono.jpg

ー あ け ぼ の ー

早春が出来
夜明けが出来
あけぼのが出来た
そして
夕焼けも出来ている
赤を主にした連作4点

これはこれでよし

あと5点 連作をまとめて
9点
3月に ニコンでの個展
そんなことを考えている

posted by t_matusige401 at 08:20| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

yoake.jpg

ー 夜 明 け ー

光の造形
自分の意志の外で出来る
偶然性

昨日も今日も
ほんわかとしてやわらかく
心地よい画像が出来ている

作品の良し悪しなんてものは
見て気持ち良ければ
それでそれだけの価値があるというもの

逃げ道かも知れないけれど
偶然の出会いを
快く受け止めている

posted by t_matusige401 at 09:17| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

sousyunn.jpg

ー 早 春 ー

一昨日 夕刊

隅田川ほとり
梅が咲きました

昨日デジタルアートの勉強に行っての帰り道
新年会もあって夜9時頃

団地の梅はどうだろう
立ち止まってみる

ピンク

3輪、4輪、5輪
街灯に照らされて咲いている

寒さ厳しい中で
ほっと暖かさを感じる

それにしても
最近 梅の香りが無くなった気がする


posted by t_matusige401 at 09:12| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

sakanomukou.jpg

ー 坂 の 向 こ う ー

光の造形
光が造り出す形

形はあるけれど
それは平面的
ぼんやりとして光の輝きが感じられない

これでは光の造形とは言えないのではないか
単なる絵模様
・・・・・・

posted by t_matusige401 at 09:59| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

reimei-1.jpg

ー 黎 明 ー

光の造形は
光を当てて現れる形
自分の作意の全くない偶然性の賜物

作意の無い物は作品とは言えない
作品でないものは題名が付かない

「黎明」 などといい加減な題名が付く

ただ 「黎明」 には
新しいものが動き出すという意味もあるらしい

posted by t_matusige401 at 09:05| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

amaririsumannkai-3.jpg

ー ア マ リ リ ス 4 輪 咲 く ー

真っ赤なアマリリス
1本の茎に4輪咲きました
きれいに咲きました
生き生きしています

明るく楽しくなります
写真を撮りたくなります
このまま
数日楽しめそうです

またもう1本
長い茎の先端に
次のつぼみが
膨らんでいます

希望のつぼみです

posted by t_matusige401 at 08:04| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

hikarinozoukei-c.jpg

ー 光 の 造 形 ー

光の造形は光が造った形
先にものがあって
それを撮ったのではなく
光を当てて形を創りだす
出来た形を撮る

いろんな形を創りだすのも私
いろんな形から面白そうなのを
選ぶのも私
それを如何に撮るかも私

光を当てて形が出来るのは科学的現象
どんな形が出来るかは分りません

光の造形は
科学と私の関わり合いで出来ます

posted by t_matusige401 at 08:41| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

amaririsumannkai.jpg

ー ア マ リ リ ス ・ レ ッ ド ラ イ オ ン 咲 く ー

2本の茎の先端にそれぞれつぼみが付いています

1本のつぼみが開きました
1本のつぼみの中から4輪の花が開きます

4輪がそれぞれ順番に開きます
4輪全部咲き終わるのに4,5日は楽しめます

そしてもう1本の茎
また同じように咲き続けます

4輪の花は
健康的で、庶民的
羊飼いの少女たちが
おしゃべりしているようだと言われています

花言葉は
「おしゃべり」 「内気の美しさ」

posted by t_matusige401 at 08:29| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

hikarinozoukei-b.jpg

ー 光 の 造 形 ー

準備も含めて9日間
大規模な展覧会が終わりました
この間7日間出向きました
多くの方々が見に来て下さり
楽しく語り合ったり
厳しい指摘も頂き
反省もしました

今朝は少し寛いだ気分です

でもこのために後回しにしてきた仕事があります
早速取り掛からなくては

posted by t_matusige401 at 08:22| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

amaririsusaku-1.jpg

ー ア マ リ リ ス 開 く ー

囲碁OB会
今年の打ち初め

連勝でスタートの人
連敗でスタートの人
今年の運を占う意味でも
大事な会

ビールを飲みながら
コーラーを飲みながら
あられやせんべいをかじりながら
和気あいあい

5時頃会場を出る

「まだあかるいね」
「日が長くなったね」

希望が先に見えるようで
心地よい

posted by t_matusige401 at 08:20| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

amaririsunohana.jpg

ー 真 っ 赤 な ア マ リ リ ス ー

小野田寛郎さん
元陸軍少尉

その著書「生きる」の中に
「人間はもともと殺し合うようには出来ていない」
とあるそうな

当たり前のことのはずなのに
何故かほっとする

それは
今 世界中の人間が
戦争をしたがっているかに思えるから

悲しいかな
我が日本の政治家を含めて

posted by t_matusige401 at 08:36| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

hikarinozoukei-a.jpg

ー 光 の 造 形 ー

カメラは光が命
光がないうと
写真は撮れない

数年前

「闇シリーズ」と称して
暗がりばかり撮ったことがある

闇シリーズも闇の中に
かすかな光があっての闇

ズバリ 光を撮る光の造形は
うまく撮れば
画面が輝く

魅力いっぱい

posted by t_matusige401 at 09:14| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

fukuramu.jpg

ー 顔 を 出 す ー

勢い
成長
若さ

その素晴らしさを
つくづくと感じる

今の自分にも
まだまだ
成長する部分もあるはず

それを
自分なりにみつけて
育てていこう

アマリリスを見て
そう思う

posted by t_matusige401 at 09:52| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

hikarinozoikei.jpg

ー 光 の 造 形 ー

15日必着
昨日14日
作品が無い
毎月の投稿を途切れさす訳にいかない

何かと用に追われる中

黒いマフラーを丸めて台の上に載せ
日射しの中に置く
マクロ105mmを付けて
三脚を立て
形を変え
方向を変え

約1時間半
344枚
パソコンで取り出して
6枚選ぶ

2Lサイズにプリントして色調を確認
A4サイズ3枚を得る

「光の造形」

午後4時過ぎ
メール便速達で発送
15日には付くであろう

posted by t_matusige401 at 08:52| Comment(3) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

tubomifukuramu.jpg

ー つ ぼ み ふ く ら む ー

窓辺で
温かい日差しを受けると
つぼみは
着実に膨らんでくる

人の世の
歓び悲しみとは無関係に
ただひたすらに
開花への道を歩む

そのひたむきさ
その実直さ
つくづくと感じ入る


posted by t_matusige401 at 10:45| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

higasidumu.jpg

ー 日 が 暮 れ る ー

富士山の頂上付近には
雲がなびいており
日が暮れると
雲が赤く染まってくる
富士山独特の現象なのだろうか
まるで
富士山が火を噴き出しているかに見える

どうも夕日には見えない

posted by t_matusige401 at 09:03| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

wagayanoamamaririsu.jpg

ー 我 が 家 の ア マ リ リ ス ー

買ったのが11月30日
40日が経つ

一週間に一度ばかり水をやって
温かい窓辺に置いておけば
40日位で花が咲きます

パンフレットの言葉通り
つぼみが
ぐんぐん伸びて
40センチを超えました

つぼみの先端が
ふたつに割れて
日射しに黄緑色に透けています

記録の意味で今朝撮ってみました

posted by t_matusige401 at 10:31| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

yamanakako-yori.jpg

ー 山 中 湖 よ り ー

出かける用があって6時に起きる
まだ暗い
6時20分頃になって東の空が明るくなってくる

一昨日から風邪気味で
咳が出る
咳をすると頭に響く

今日から10日ばかり
展覧会があって忙しいのに
困ったことではある

昨日医者に行って風邪薬をもらってきた
これを飲んで
どうか早く治りますように

posted by t_matusige401 at 07:11| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

hikarinoobujye.jpg

ー 光 の オ ブ ジ ェ ー

普通に
花とか景色とかを撮ったのでは
どうも納得がいかない 

かといって

変わったことをすると
自分ながら
訳が分からなくなる

訳が分からなくても
自分が面白いと思う事は
そのまま続けておれば
訳が分かってくるのではないか

訳の分からない毎日

posted by t_matusige401 at 10:17| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

usubi.jpg

ー う す び ー

写真グループ
グループ展が近づいてきたので
1年間先生に選んでいただいた作品30点ばかりを見直してみる
大方がブレボケばかり
毎日AF連写で撮り続けたのを思い出す

森山大道のブレボケは有名だが
これは戦後日本が成長する一過程で
当時の日本を表現するのに必要だったらしい

必然性に裏付けられた作品と
単に思いつきで興味本位の作品では
月とすっぽんと言うべきであろう

先日国立近代美術館で
森山大道の「日本劇場」百点を見て
気が付いた次第

posted by t_matusige401 at 10:06| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

forme-a.jpg

ー フ ォ ル ム ー

カーテンの隙間を内側から撮ったもの
単純にして明快
想像をたくましく出来る部分もあって
私は満足

しかしながら

「あからさますぎます」
「先人の多くがたどってきた過程です」
「あなたの実力からしてこの域は抜け出さなくてはいけません」

ええ!
これは古臭いのですか
自分の感性をもっと磨き上げないといけないらしい

posted by t_matusige401 at 10:03| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

wabisuke.jpg

ー わ び す け ー

今朝
目覚めて床の中
 
最近始めた
写真「フォルム」のこと

一人出かけた
ぼたん苑のこと

沢山咲いているが
作品にならなかったこと

次々と頭をめぐる

あるひとをさそいもできずふゆぼたん  古希春

posted by t_matusige401 at 09:23| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

suisenn.jpg

ー 水 仙 ー

ぼたん苑には
水仙、ろうばい、わびすけ、なども咲いている
それぞれに美しい
遠くに赤いぼたんがボケて
ぼたん苑らしいひとこまと思う

今年の冬牡丹はよく咲いていて
満足ではあったけれど
春の牡丹にくらべれば
瑞々しさが少なく物足りない

水仙が加わると
その可憐さに
ふと新鮮味を感じる

posted by t_matusige401 at 08:41| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

fuyubotann-4-1.jpg

ー 寒 牡 丹 ー 


上野牡丹苑
新春奉納俳句

備え付けの短冊に
誰でも自由に書いて貼り付ける

色づいて嫁に行かぬか寒牡丹      正

冬ぼたん火鉢と甘酒うれしいな     Kぼー

お正月お祖父と散歩冬ぼたん      英恵

孫つれてシャッターを押す寒ぼたん   靖子

父母にメールで送る冬ぼたん      泰子

冬牡丹気がきく女(ひと)になれなくて 忍

子を思う親心 純粋な子供心 孫と爺婆の絆 両親への子のやさしさ 自分自身への反省
人それぞれの思いさまざま 
新春快晴の陽だまり

 

posted by t_matusige401 at 09:05| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

saiko.jpg

ー 西 湖 ー

3年前

絶滅種とされていた
クニマス
さかなクンの貢献で
生息が認められた湖

透明度が高く
淡い藍色で
乙女の湖とも呼ばれている

神秘的とも言われているが
私はそうは感じなかった
季節、時間、天候によるのかもしれない


posted by t_matusige401 at 09:27| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

motosuko.jpg

ー 本 栖 湖 ー

これぞ富士山
千円札の裏に印刷
水面が広々してきれい
多くのカメラマンが
三脚立てて待っている

何を待っているのですか
水面に富士山が映るのを
逆さ富士

朝は映りやすいけれど
昼間は分らないそうな
それでも待っている

三脚だけ縛りつけてあるのもある
31日昼
元日朝の場所確保

posted by t_matusige401 at 08:35| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

fuji-2.jpg

ー 不 二 さ ん ー

将棋の羽生さん
子供の頃
初めて詰将棋を創った
その詰将棋には飛車を3枚使っていた
将棋の飛車は2枚と決まっている

物事にこだわらない自由な発想
それが
今の羽生さんを生んだのであろう

新年早々
素晴らしい話をテレビで見る

posted by t_matusige401 at 10:01| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

25-fuji.jpg

ー 大 晦 日 の 富 士 山 ー

一日予定を延ばして
富士五胡めぐりをしてきました
快晴
何処からも富士山がよく見えました
ポイントにはカメラマンが沢山陣取っていました
朝 昼 夕 太陽の位置によって
富士山の感じが随分と変わりました
富士山三昧と言うところでしょうか

山梨では名物の ほうとう を頂きました

2日間楽しませて頂きました
大満足です

posted by t_matusige401 at 21:19| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする