2013年12月30日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

siawase.jpg

ー 幸 せ ー

部屋の中
薄日の射しているところ
何か面白そうに見えるもの

何百枚も撮って
時々意外なものが出来る
それが楽しい

しかし
それの良し悪しは別
その良し悪し
誰が決めるのだろう
私は創るのみ
「幸せ」

今夜孫達と相模湖イルミリオンへ行きます
LED400万個
スケールの大きなイルミネーションです
明日の投稿は夜になります

posted by t_matusige401 at 08:05| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

kyuutai-1.jpg

ー 球 体 ー

来年早々の展覧会
大作のプリント
縦A3サイズを9枚
横一列に並べるてみる
壮観

初め3枚プリントするのに
2枚も失敗して
どうなることかと思ったけれど
3時間近くかかって何とか出来上がり

あと18枚 来年の仕事
期待と不安
不思議な心境

posted by t_matusige401 at 08:29| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

forumu.jpg

ー フ ォ ル ム ー

謙虚にありたいと思っていても
ちょっと調子が良くなると
ついつい生意気になる
これは
人間の生まれ持った「サガ」

7年前首相になって1年で潰れ
その後
野党に成り下がって
いやというほど辛酸をなめた

はからずも首相に返り咲いて
謙虚に見えたけれど
1年
打ち出す政策が図に当り
高い支持率も維持

ついつい謙虚を忘れ
「私は総理大臣」
驕りが頭をもたげたらしい
殆ど周辺にも相談せず
独善と傲慢

これが人間の悲しい「サガ」

posted by t_matusige401 at 09:40| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

katamari.jpg

ー か た ま り ー

「かど」という題も思いつく
何を撮ったか解らない
自分の部屋で撮ったのだから
多分箪笥の一部であろう
別に加工はしていない
色調補正もほとんどしていない
こんなこともあるのだ
そのおぼろげなところ

私は好き

posted by t_matusige401 at 09:20| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

hikarinokage.jpg

ー た ち の ぼ る ー


一筋
光の影
ふと
こころにとまる

何かある

何かは 
わからない
気配



そんな
大層なものではない
ただ
たちのぼる

posted by t_matusige401 at 09:32| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

sukima.jpg

ー す き ま ー

カメラ雑誌など
審査員の講評を見ると
見た瞬間 ギョ!とする作品を期待する
と よく書かれている
金賞作品では確かに
ギョ!とする作品が多い

無理に作ることもないけれど
私もぎょ!とするような作品を創りたい
そう思うている
あれ? とは思っても
ぎょ! とする作品は出来ない

posted by t_matusige401 at 09:51| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

sinnyanomori-3.jpg

ー 深 夜 の 森 ー


何かに見える
曲がりくねった木が
蛇に見える
切り株が
叫んでいる人に見える

この次元ではちょっと頂けない

在るものを基に
別の世界を創り出す
それは自分自身の世界
いくら別の世界と言っても
それは独りよがり

自分の世界を
はっきり独立させねば
その価値は認められない

自分の世界が
最低30枚は必要であろう
創らねばならない

posted by t_matusige401 at 08:47| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

asa.jpg

ー 朝 ー

毎朝ラジオ体操をします
体操をしながら見る景色
窓から日が射して
ふすまに影が出来る
毎日同じようで
毎日違っているようで
毎朝新鮮な気持ちで見る景色
この何でもない景色の中に
何か表現出来ないだろうか
毎朝そんな気持ちで眺める景色

私の 「 朝 」

posted by t_matusige401 at 08:37| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

gennei-2-s.jpg

ー 幻 影 ー

目が覚める
あれ 
これは何
カメラ
ISO感度:3200

120枚
ゆめか
まぼろしか

「 幻 影 」

posted by t_matusige401 at 09:56| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

yuuyake.jpg

ー 夕 焼 け 空 ー

外 光ってるよ
ええ
窓の外を見る
アンテナが光って
夕焼け

カメラを手に
数十枚
やがて日が沈み
アンテナの輝きも
空の彩も褪せてくる

もう10分早ければと思う
それにしても
夕焼け空を教えてくれるのは
いつも女房

posted by t_matusige401 at 08:14| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

isyou.jpg

ー 衣 装 ー

しとしと雨が降って寒い
午後には出かけねばならない
テレビを見ながら
ふと思う

雨に濡れた団地の壁
いろいろ模様が出来ているはず
団地の壁模様
そう思うとすぐ用意

三脚にカメラを付けて
傘を持って出かけようとする
傘と三脚 重くて持ちにくい
そこでまた考える

三脚の必要性
手ブレを起こさないため
ならばISO感度を上げて
両脇締めて慎重に撮れば大丈夫

三脚無し
ISO感度:3200
絞り:開放
これでファインダーを見ると

シャッター速度:1/1600〜6400秒
これなら手ブレ大丈夫であろう
慎重にピントを合わせて
1時間余り 約600枚撮る

posted by t_matusige401 at 09:55| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

seijyaku.jpg

ー 静 寂 ー

三脚にカメラを付けて
自分の背丈に脚を伸ばして
肩に担ぐ

そんな格好で団地の中をうろうろ

画質:RAW
絞り:F8
ISO感度:400

数百枚撮って
パソコンの前
色調補正

あれこれ思いつくままに手を加え
一段落したところで
パソコンから離れてみる

山深い林の中に

澄み切った水を湛えている

在るものを撮って
無い物を表現する
これこそが私の世界

「 静 寂 」

posted by t_matusige401 at 09:25| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

kaerimiti-2.jpg

ー 家 路 ー

午後4時を30分も過ぎれば
外は暗い
家路への公園広場
灯りは街灯のみ

歩くほどに影が出来る
影が消えてまた出来る
長くなったり
短くなったり

街灯の位置によって
前からも横からも
重なった影が出来たりもする
それを撮りながら歩む

寒さが
家路への歩を早める
縦の線が入って
急ぐ感じが出ている

posted by t_matusige401 at 09:17| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

kyuukannmae-2.jpg

ー 閉 館 前 ー

上野東京都美術館
閉館5時

4時過ぎに美術館を出ると
外は少し暗い
明るい美術館の中を暗い外から撮ると
外が更に暗くなる

外に置かれている
金属製のオブジェは鈍く光り
美術館の休憩室には
人影もない

如何にも閉館前という感じがする

posted by t_matusige401 at 09:07| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

danntinoyoake.jpg

ー 団 地 の 夜 明 け ー

今朝6時30分頃
素晴らしい朝焼けでした
すぐカメラを持ち出しました

50分頃太陽が建物の端にかかって来た時
朝焼けの美しさとはまた違った夜明け

テレビのアンテナや
団地の窓や
邪魔物がむしろ面白く感じました


posted by t_matusige401 at 09:09| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

ityouhitoha.jpg


ー い ち ょ う ひ と はー

囲碁
プロ棋士の言葉
負けるのは自分が弱いから
自分が勉強するしかない

なるほど
勝ち負けにこだわらず
一生懸命に打つだけ
さわやかな心境

昨日 囲碁 O B 会
勝ち負けにこだわらず打った
負けても自分が弱いだけと思って打った
ついに3連敗

何が欠けているのか
「何が何でも勝たねばならぬ」
という言葉もある

posted by t_matusige401 at 07:01| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

ityou-1.jpg

ー 冬 日 射 し ー

上野 東京都美術館
女房の絵が飾られている
二人で出かける

公園は銀杏の落ち葉
通路の落ち葉は
人に踏まれて哀れ

芝生の落ち葉は
重なり合って
冬日射しに輝いている

落ち葉の形と
日射しのいいのを
10数枚

「冬日射し」

posted by t_matusige401 at 08:25| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

sukaituri-3.jpg

ー 夢 の 向 こ う に ー

40年ぶり
映画を見ました
「利休にたずねよ」

「私が額ずくのは美しいもだけでございます」
利休が求めた究極の美

黒いお盆に 波と千鳥の絵を描いて それに水を張り
縁側に出して 折からの満月を その盆の水面に映し出す

私はその画面にキューン

美はすべて自分の心の中にある
美しい人への一途な想いも

posted by t_matusige401 at 09:32| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

sukaituri-2.jpg

ー ス カ イ ツ リ ー ・ 絵 本 ー


スカイツリータウンに在るものを
いっぱい詰め込んで
ごじゃごじゃ
それで絵本でもあるまい

そう思いながらも

いろいろな
スカイツリーに寄せる思いを盛り込んで
何とかしようと思っている

ごじゃごじゃしていても
それはそれで
スカイツリーらしいのかも知れない
今の私はこれしか出来ないのだから

posted by t_matusige401 at 08:52| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

sukaituri-1.jpg

ー ス カ イ ツ リ ー ・ ま ど ろ み ー

年賀状の一文字の練習を始めました

この文字なかなか形が収まりません
練習を繰り返しておれば
だんだん形になってくる
そう思いながらも
やっぱり不安

スカイツリーか
東武動物公園のイルミネーションの
絵柄と組合せば

などと考えながら

手本の序文に書いてありました
「大切なことは真心と敬意です。ていねいに一生懸命に書けば
それが最高の年賀状といえましょう。」

posted by t_matusige401 at 08:36| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

sukaitur-taunn.jpg

ー ス カ イ ツ リ ー ・ 絵 本 ー

欅の並木もすっかり葉を落として
寒々と冬
茶色い葉が道路や芝生に落ちて
茶色の園

樹は寒くなると
衣を脱ぐのだ
と思う

せめて気持ちだけでも暖かく
絵本でも描いてみよう

posted by t_matusige401 at 08:41| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

sukaituri-.jpg

ー 夢 ・ ス カ イ ツ リ ー ー

駅のポスターを見ました
スカイツリー・イルミネーション
光の階段の上にもキラキラ星が輝き
その向こうにスカイツリー
「昨年とはだいぶ違うな」

早速行ってみました

期待した光の階段は昨年と同じ ただ光るのみ
ポスターは作り物
「だまされた」

腹は立ったけれど折角来たのだから

広い範囲を歩き回って
周囲の状況を変えながら見上げるスカイツリーは
やはり絵になります
いろんなイルミネーションに装飾されたスカイツリー
10種類以上は出来るでしょう

更に手を加えて 私の手作りスカイツリー
これもまた楽しい

posted by t_matusige401 at 09:36| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

yumenoki.jpg

<
ー 夢 の 国 の 樹 ー

昨日ある先生の招きで川越へ行ってきました
ちょっと変わった写真展です
メンバー10名ばかり
幅2mX1.2m程度のパネルに
A5〜A3サイズを5枚〜20枚貼り付けた組み写真です
各自テーマを持って撮影に取り組んでおられました

主宰者はプロカメラマン
その人の作品を見て私は質問しました
「最近デジカメの質が向上して 写るということに関しては素晴らしくなってきましたが
先生の作品は 全てピントが甘く 仕上がりも良いとは言えないのは何故ですか」
おやと思うような表情をして ちょっと考えたあと おっしゃいました
「海外ではこんなのが当たり前です」
「特別意図があるわけでもないのですか」
「フイルムなどでもネガの方がやわらかくていいですね ポジはダメです」
「要するに作品は個人の作品であって 自分がいと思えばそれでいい」
「一般の概念にとらわれるのはおかしい そういう意味ですか」

白髪混じりのひげ にっこり微笑みながら うなずいておられた

後で聞くところによると
森山大道、天才アラ−キ と並ぶカメラマンだとか

posted by t_matusige401 at 09:29| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

yumenokuninokohann.jpg

ー 夢 の 国 の 湖 畔 ー

眼の上の傷もそろそろ治る頃と思っていたら
一昨日 朝
眼が腫れて右目が開かない
顔をを洗って
眼を洗うと少し開いてくる
視力は支障なさそう
気になるから
病院へ電話すると
それは治癒していく過程です
しばらくすると
治りますからご心配なく
安心はしたけれど
うっ血して
目の周りが赤紫になり
如何にも大層に見える

今日も明日も出かけねばならない

眼鏡で多少隠せるにしても
大きな絆創膏はどうも見苦しい

posted by t_matusige401 at 08:44| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

yumenokuni.jpg

ー 夢 の 国 ー

「今朝のブログ何ですか 事実と空想が混じりあっていました
私には本当に思え心配してメールしました」

3日前こんなメールを受け取りました
私のことを最もよく知っている
つい先日 一緒に撮影に行った写真仲間です

私の撮った写真は全て作り物だと思っている
当然 私の文章も作り物 夢物語と思っているらしい
しかし心配して 一番にメールをくれたのも彼でした

これぞ 良き友

posted by t_matusige401 at 10:38| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

syuppatu-yumenokuni.jpg

ー 夢 の 国 へ 出 発 ー

先日仲間と二人
東武動物公園へ行ってきました
夜5時から7時半まで
イルミネーションです
広い園内
大きな池があって
その周りの並木に電飾されていました
汽車も観覧車もジェットコースターも動いていました
私は
クロスのフィルターを持参して
チカチカする光をより一層光らせようと試みました
また
写真そのものをファンタジックにするため
パソコンで加工してみました

夢の国へ出発です

posted by t_matusige401 at 09:21| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

nennmatu.jpg

ー 年 の 暮 れ ー

昨日ちょっとした災難にあって
厄払いが出来たかと思えば
なかなかどうして
更に良くない事が続いている

今朝ブログを投稿しようとしたら
所定のログをクリックしても全く反応がない
一般インターネットは異常がないのに
古希の青春 のみおかしい

KDDI に問い合わせてみると
ブログのサーバーに異常があって全面的にストップしている
まだ原因が不明なので いつ回復するかは解らない
何時間か経ってアクションして下さい という

3時間以上経ってやっと回復
皆さん申し訳ありません
どうぞよろしく

posted by t_matusige401 at 13:37| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

tosinose.jpg

ー 年 の 瀬 ー

ガタン!!
何物かが私の頭上に落ちてきました
私は自転車に乗ったまま 落ちてきたものを両手で受けていました
「なにすんねん」 咄嗟の事に 前にいた現場監督にそれを投げつけました
工事現場の足場、アルミの梯子が上から落ちてきたのでした

すぐ横の自治会事務所から女性が飛び出して来
タオルで顔を抑えてくれました
私の手には血がべっとりと付いていました
事務所の洗面所で手を洗い 顔を洗ってすっきりしたところで救急車

CT スキャンを撮り 頭前後からレントゲンを撮り 異常なし
4、5 針縫って大きなガーゼを右目の上に貼り付けられ
無事退院

行きは救急車 帰りは電車
 
その足で 無事だったことを報告に自治会事務所へ寄りました
咄嗟の親切 有難く身にしみました

帰るとすぐ工事現場事務所の責任者が挨拶に来られ
夜も遅くなって
工事請負会社の社長さん他5名 わざわざ見舞いに来て下さいました

名刺を見ると 東京から車で2時間ちかくもかけて
現場管理の不行届きを陳謝され
元気な私を見て安心されたようでした

人の親切と誠意を感じた
昨日午後の出来事でした

posted by t_matusige401 at 09:59| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

kouyou-2.jpg

ー わ が 道 を 行 く ー

「あの賑やかな中で わが道を行く 独創的な作品を作られる古希の青春さんに 感服の拍手を送ります」
初めて作った私のムービー 「平林寺の紅葉」 に読者の一人から コメントを頂きました
私にしてみれば
紅葉の美しさに魅せられて ただ 夢中で撮っただけだったのに
そこに独創性を見て頂いたこと
何とも有難く 嬉しく思いました

私の信条である独創性
日頃の思いは
無意識のうちに現れるものらしいです
更に精進

posted by t_matusige401 at 08:56| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

gosaino-kennrann.jpg

ー 五 彩 の 絢 爛 ー

「丹青は画架に向かって塗抹せんでも五彩の絢爛は自ずから心眼に映る。」
夏目漱石  草枕

私は平林寺で紅葉を見たとき
五彩の絢爛という言葉が浮かびました
私が初めて 「草枕」 に接して以来60年
この 「五彩の絢爛」 が強くこころに残っています

赤、朱、黄 黄緑 緑
沢山の色が点描画のように
響きあっています
ほんとうに美しい

もみじによる初めての感動です

posted by t_matusige401 at 09:18| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする