2013年04月30日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

futari.jpg

ー ふ た り ー

ふと思いついて実行

4月29日
17時15分家を出る 20時40分帰宅
行先:上野アメ横
カメラ:ニコンD300S
レンズ:18〜200mmズーム 18mmに設定
絞り:開放 F 3.5
ISO 感度:3200
露出補正:−1
カメラを首に下げたままファインダーは見ない
歩きながら連続撮影
CF カード 8GB X2枚 4GB X1枚
画質:L FINE JPEG
撮った枚数:合計3694枚
予選枚数:24枚
24枚どれも「どんぐり」
良しと思うきらきら光る「栗」はなし
でも手応え十分
今日は浅草か
カメラが壊れるのではないか
ちょっと心配

ーふたりー 
レンズが下向いて望遠に伸びていたらしい

posted by t_matusige401 at 09:29| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

omoiyotodoke.jpg

ー 願 い よ 届 け ー

色あせたこいのぼりが数十匹
何度も繰りかえしているうちに
色あせたものと思っていました

よく見ると違っていました
子供たちが思いを込めて作った物です
白地を残したまま描いているので
白っぽく色あせて見えるのです

垂れ下がっていたこいのぼりも
90度回転すると元気に泳ぎ出しました

天まで届け
願いよ届け

ほほえましいこいのぼりです

posted by t_matusige401 at 10:02| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

16yanotuki.jpg

ー 赤 い 月 ー

昨夜 8時30分頃
「お父さんお月さんが赤いよ」
「ええ」
見ると東の空に大きな赤い月
「まだ登って間が無いから赤いんや」
昨夜は十六夜の月
十五夜よりためらいながら遅れて出るから いざよう月
それにしても8時30分遅すぎる

赤い月は地震の前兆という説がある
阪神大地震の時も赤い月が見られたとか

身が震える
でも9時30分頃には普通のお月さんになっていました

posted by t_matusige401 at 07:35| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

anitootouto.jpg

ー 兄 と 弟 ー

河井寛治郎・陶芸家の言葉

美を追う仕事
美に追われる仕事

どう違う

いいものを創ろうとする気持ち
無心で一生懸命やっているうちにいいものが出来ている

速水御舟・日本画家の言葉

技法の究極は無色透明である

それぞれの言葉を
頭の中に繰り返す

posted by t_matusige401 at 08:37| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

koinoborinouta-1.jpg

ー こ い の ぼ り の 詩 ー

楽しいね
こいのぼりが泳ぐ
でも
ちょっと変
本当は横
90℃右へ回転
横が縦に変わると
画面上サイズが少し大きくなる
それも理由の一つ
でれんとぶら下がっていたこいのぼりが勢いよく泳ぎだす
これが最大の理由
でもどこか変
この変さ加減が私は好き

posted by t_matusige401 at 08:40| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

hakyoku.jpg

ー 破 局 ー

写真仲間10名
4台の車に分乗して撮影会
館林市つつじが岡公園
樹齢800年というツツジの古木群
まだ3分咲き
近くの鶴生田川にロープで渡されたこいのぼり
川幅80m程度
長さはおそらく500mもあろう
どこまで行ってもこいのぼりばかり
中には毎年何年も使われるため
色あせて白く老いぼれている群れもある
風はなく雨に濡れてシッポを垂れ
あわれな感じだけれど
それなりの思いも感じられる
帰りには茂林寺により狸の群れにごあいさつ
心配された雨も大したことはなく
雨もまた良し
楽しい1日であった

posted by t_matusige401 at 08:30| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

syunnkou.jpg

ー 春 光 ー

白いツツジ
春の光を受けて美しい
逆光で
きらきら輝く感じ

花びらが重なって
そこに影が出来
模様になって
何かを想像させる

清浄心
布施
そんな言葉が浮かぶ
雰囲気


posted by t_matusige401 at 07:10| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

botann.jpg

ー 紅 ほ の か ー

スポーツ選手がよく言う
「実力を出し尽くす」
絵や書や写真も同じこと

ただ

それには良き指導者が必要だと思う
その人の性格を見抜き 適切なアドバイスをする
そして厳しい宿題を出す

しかし
指導者は常に脇役に徹しなければならない
本人の人格に対して常に敬意を持っていなければならない
教えるのではなく共に学ぶ精神
これが良き指導者だと思う

独自の世界で もがく人間にも
良き指導者の存在をつくずく感じる

切磋琢磨

posted by t_matusige401 at 08:12| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

hakubotann-1.jpg

ー は く ぼ た ん ー

白い花びらのグラデーション
ここに作者の気持ちが表れやすい
白は純
混ざり気がない
何色にも染まりやすい

理屈はともかく

白い花びらのグラデーション
これが私への宿題
白い花びらなんて周辺にはない
それは無理なこと

「無理」「出来ない」そんな言葉は私の辞書にはない


posted by t_matusige401 at 07:58| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

kodomonohiroba.jpg

ー 子 供 の 広 場 ー

4回目
うすら寒い
どんよりと曇って
今にも雨が降りそう

花、草、木は止めようと思う
子供の広場に動物の乗り物がある
乗り物の下には砂があって
箒の掃き跡が残っている

砂場がある
砂場には足跡がある
足跡も見つめていると面白い

半径100m範囲
40分ばかり
308枚得る
4日間で約1230枚

4日分の収穫 約60枚
そのうち30枚 2L にプリント
そこに何が見えるか
今日結果が出る
それが楽しみ

posted by t_matusige401 at 08:57| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

habataki.jpg

ー は ば た き ー

マクロ散歩も3回目
マクロも200mmとなると
レンズだけで1kgを超え
カメラに付けると2kg程度

両手で支え
チューリップの花びらの先端を狙う
団地内にもあちこちチューリップが植えられている

風が吹く
花びらが揺れる

両脇を閉め
ピントを追う
カメラはグーグー言いながら
ピントを探す

先端に合わせるのは難しい
でも何回でも
合うまで続ければいい
5、6枚で O K

白いチューリップは
鳥の羽ばたきに見える
見えないものが
見えてくる気がする

posted by t_matusige401 at 09:14| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

rakka.jpg

ー 落 花 ー

開き切らない桜の花が
そのまま落ちて
ベンチの隙間に

軸の先にピントを合わせて
花びらをぼかす
ベンチもぼけて

全体を白っぽく色を落すと
一般には見かけない
一つの世界

こういう視線
自分なりにも
面白いかな
と思う

マクロ200mm

posted by t_matusige401 at 09:58| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

asanohikari.jpg

ー 朝 の 光 ー

今朝6時過ぎ
200mmマクロレンズ
首に下げるとづしりと重い

我が家の周辺数十メートル
草あり、木あり、花あり 苔むした樹の幹あり

尖がった一端にピントを合わせて他はぼかす
フラットな平面の一部にピントを合わせて他はぼかす
約30分
8GBのCFカード満杯
RAW 306枚

これが私に課せられた宿題
このような訓練をして
私は何を得るのか
それも課題
兎に角毎朝試みる
そのうち何かが見えてくるのであろう

posted by t_matusige401 at 09:47| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

kanasimiwokoraete-4.jpg

ー 悲 し み を こ ら え て ー

布シリーズ
繰り返すほどに
布の扱い方も変わってくる
何をどう表現するか

自分の描きたいものをじっくり考え直して
そのための表現を
そのための手段を
布の扱い方を
いろいろ試みてみる

作品は自分の構想の基に成り立つ
構想がしっかりして初めて
手段も見えてくる
表現も順応してくる

posted by t_matusige401 at 07:46| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

owari.jpg

ー 時 の 流 れ ー

チューリップも花びらを散らす
そして花芯をあらわにする

一枚花びらが散り
一本おしべが垂れる

やがては
二枚の花びらが散り
二本のおしべが垂れる

そして
三枚の花びらが散り
三本のおしべが垂れる

全ての花びらが散って
花芯があらわになる

すべて
時の流れ

posted by t_matusige401 at 07:23| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

mugenn.jpg

ー 夢 幻 泡 影 ー

夢と幻と泡と影
人生のはかないたとえ

チューリップの葉
見ればなかなか面白い
葉の両端がぐにゃぐにゃ曲がり
その端が白く線を描いている
光に当ればなおのこと

マクロレンズ100mm
尖った先端にピントを合わせ
絞りは開放

ぼんやりとぼやけた中に
ぼやけた線が曲がる

夢か幻か泡か影か

posted by t_matusige401 at 09:28| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

syunnsyuu.jpg

ー 春 愁 ー

春愁のかぎりを躑躅燃えにけり  −秋桜子ー

真っ赤
私は数点の黄色い花粉に春愁を感じました
しかし
この色に春愁はなかろうと
でもありました
春愁のかぎりをつくして燃える
春愁とはかくも激しいもの

その激しさに驚いたと同時に
私がチューリップの赤に感じた春愁が
躑躅の赤に感じた俳人がいたとは

これが感性

posted by t_matusige401 at 06:47| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

mezame.jpg

ー 目 覚 め ー

一昨日 近くの民家の庭に牡丹が咲いていました
それではと西新井大師に電話しました
見ごろは15日頃
昨日行ってきました

マクロ100mmレンズ

チューリップが20本ばかり
日差しを受けて花びらに影ができるなど美しい限りです
牡丹より新鮮さを感じました

チューリップであってチューリップでなし
チューリップとはわからないけれどチューリップ

そんな作品を試みました
牡丹以上の大収穫です

明日は早朝からチューリップを撮りに行きます
チユーリップの魅惑にはまりました

posted by t_matusige401 at 07:59| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

kanasiminitaete-c.jpg

ー 悲 し み を こ ら え て ー

これは脇役

脇役は主役より目立ってはいけない
しかしそれなりに作品になっていなければならない
今回で言えば
何かある はっきりとはわからない
しかし
悲しみに耐える雰囲気が溢れていなければならない

そして画面上にも

作品として 
見る人を引き付けるものが存在いしなければならない
出過ぎてもいけない
引っ込み過ぎてもいけない
バランスよく必要なものだけ

posted by t_matusige401 at 09:28| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

kanasikidekigoto-a.jpg

ー 悲 し み を こ ら え て ー

これも布シリーズ

表面だけではだめ
内面を表現しなければなりません
悲しみに耐える気持ち
それが
画面に感じられるもの
画面の奥底からにじみ出ているもの

布の形だけではだめ
私は
その悲しみのある場所を暗示しました
すると絵が一変しました

さてこれからです
如何にして主役を盛り立てるか
脇役の存在が重要です

posted by t_matusige401 at 07:52| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

yukinnko.jpg

<
ー 雪 ん 子 ー

子供姿の雪の精
まあなんと
かわいいわらんべ
雪国らしい
ちゃんちゃんこを着て

でも
私の創るのは
絵本の挿絵ではない
独立した一枚の絵・作品

三枚組み合わせても
似た者同士で
物足りない

posted by t_matusige401 at 07:17| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

yukinosei-2.jpg

ー 雪 の 精 ー


布シリーズ
この雪の精の中に自分がいる
白い布をかぶって遠隔操作で自分を撮る 

立ったり
しゃがんだり
寝そべったり

その形は全て自分自身
それでいて
自分自身では絵にならない

自分自身が
思いもよらない
似ても似つかない
雪の精になって
作品となる

作品とはそんなものであろうか
どうもおかしい

posted by t_matusige401 at 08:58| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

yukinosei.jpg

ー 雪 の 精 ー

白い布
自画像を描こうと

出来上がったのは
雪の精

雪の精ならばあくまで白く
白の限界まで白くしてみる
白だけ
黒いバックも色を落とし
白っぽく

形がはっきりしない方が
雪の精らしいかなと

だんだんわからなくなってくる
わからないのが
雪の精

posted by t_matusige401 at 09:51| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

nakuonnna-1.jpg

ー 泣 く 女 ー

布シリーズ
悪戦苦闘の数十枚
殆ど見もせずに黙殺されてしまった
厳しい鉄槌

布シリーズの意味は
布の内部に隠れている物体に
未知の興味が含まれていないといけない
単に布切れのへらへらした皺による模様の面白さ
それだけでは軽すぎて作品にはならないという

物体にはそれなりの質量が必要で
作品にはそれなりの内容と重厚感が無いといけないという

なるほど

ならばと昨夜 早速創りなおしてみる
重厚感は無い
それでも
「泣く女」

posted by t_matusige401 at 07:13| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

itoosimu.jpg

ー い と お し む ー

写真グループ展
平素ご無沙汰している友達が数人来て下さいました
会社での仕事仲間 T さん
最近はカメラから離れているという写真友達の K さん
2年近くご無沙汰の羅漢さんフアンの M さん

それぞれに元気な笑顔が何よりの近況報告
「布シリーズ ”寄る辺なき”がいいですね」と K さん

「正月早々のブログ・紅白歌合戦 美輪明宏が三輪になっていましたよ」と M さん
「まだ気が付いていません メールで指摘して下さればいいのに」
「未熟な自分がそんなこと出来ません」

ご無沙汰していてもブログは時々見て下さっている様子
三輪の間違いは早速訂正しておきました

有難いことです

posted by t_matusige401 at 09:27| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

koboku.jpg

ー 枯 木 ー

布シリーズ
昨夜も2枚創りました
しかし納得いきませんでした
納得しないものを載せるわけにもいきません
だから今朝は「枯木」です

締切という時間との闘い
とりあえず明日が一つの区切り
今夜はプリントしないといけません
さてどうなるのか
まさに悪戦苦闘です

posted by t_matusige401 at 07:34| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

sekiryou.jpg

ー 寂 寥 ー

昨日の 「慈愛」 に続く作品
どうも流れがぴったりしません

色調は合っていますが内容が今一歩
この種の作品は独立に充実させると
イラスト的になって写真から離れていきます
その限界を超えず更に内容を充実させるのが
難しいです

どこまで出来るか
自分の限界に挑戦です

posted by t_matusige401 at 08:00| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

jiai.jpg

ー 慈 愛 ー

昨日から公民館で写真仲間の写真グループ展を開いています
尊敬する写真の先輩が来て下さいました
一回り見終わっておっしゃいました 

「布のアート その後如何ですか」

「実は行き詰っております」
「布が黒のため露出、ピント合わせが難しいのです」
「後で色調補正しますが画質が荒れます」

「光が不足です 強い補助光を下から当てればいいじゃないですか」
「それに 布も黒にこだわることもないでしょう 白だっていいじゃないですか」

はっとしました 当たり前のことです それに気が付かなかったのです

帰るなり100W の電燈を出してきて 早速撮影しました
手応えあり ピントも露出も自動遠隔操作 OK です

後輩の身勝手を認め それを気使う そして適切なアドバイスを与える 
これこそ良き先輩 いや良き先生というべきか
閉ざされた扉が開き 希望の光が射してくる
有難きかな

posted by t_matusige401 at 07:19| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

hanasakari.jpg

ー 花 盛 り ー

3月19日に上野公園で
6分咲きの桜を見て丸二週間
まだ桜は咲いています
この間急に寒くなって
花見どころではない天候
今日はしとしと
冷たい雨が降っています
お彼岸も遠っくに過ぎたというのに
まだ寒さが続きます

posted by t_matusige401 at 07:09| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

sinnryoku.jpg

ー 新 緑 ー

天声人語の執筆者は2名
一人では大変だろうなと思っていました
文章というものは筆者の特色が出るものだけれど
私にはその差が分りませんでした

新聞記者は自分を出してはいけない
何時 誰が 何処で 何をした
ただそれだけを書けばいい
キシャならぬトロッコ(人に押してもらう)の頃
先輩から言われたものです
でもコラム欄は一字一句練り上げて創っていました

福島さんと新人・根本さん
筆者の名前も分って
天声人語の読み方が少し変わりそうです

posted by t_matusige401 at 07:48| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする