2012年09月30日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

iisu-1.jpg

ー 椅 子 ー

東京都美術館の休憩所
緑、赤、青の椅子が並んでいる
並んだ椅子を見ていると
連想が広がる
いろんな人がここで休み
ほっと一息つく表情
素晴らしい作品を見ての満足感

人が居ないからこその想い

posted by t_matusige401 at 09:07| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

ketui.jpg

ー 誓 い ー

東京都美術館入口
球面体オブジェの前

偶然中央に若者
瞬間あわてての一枚

中央に立つ
後ろ向き
ただそれだけで
私の心を動かす

神妙に 
何かを決意しているかに見える

「 誓い 」




posted by t_matusige401 at 08:00| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

youmeimonn.jpg

ー 絢 爛 ・ 華 れ い ・ そ し て 荘 ご ん ー

縦2.5m 横3.5m ペン画の大作
日光・陽明門

東京都美術館 純展

ペン画の先生から招待状を頂いて上野へ行ってきました
大きな壁面に一点のみ大作が飾られていました
その部屋に入った途端 20m離れた位置から わー凄いと思いました

昨年の暮から準備を始めて約10か月 今年9月15日搬入時一部未完成のまま
何度も日光に通い 見直し見直し 写真を部分的にも沢山撮って コツコツ
筆は使わずペンのみ 平行な直線の間隔を変えて濃淡をつくり 交差して重ねて濃くする手法
とてつもない根気 労力 情熱

作品とはかくあるべし

来年は 「京都清水寺の舞台」 と笑顔の75歳

posted by t_matusige401 at 08:38| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

omou-3.jpg

ー 想 う ー

この花の名はカタバミ
直径5mm程度 小さな黄色い五弁の花
葉はハート形 三枚つながっている
花言葉は 喜び 心の輝き

可憐な花 葉のハート形

過ぎ去りし日々を想い起こさせてくれる

古希をはるかに過ぎて
青春を 「 想う 」

posted by t_matusige401 at 08:30| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

yuuduki-1.jpg

ー 夕 月 ー

きのうの夕方
夕焼けで きれいだなと空を見ると
お月さんが出ていました
夕月です
夕焼け空にお月さん
私は初めてです
早速カメラを取り出しました
月は中天 夕焼けは西の空
両方入れると月が小さくなります
何枚も撮っているうちに
月の近くの雲が赤くなってきました

いつでもそうですが夕方の空を撮ると
ISO感度200
それでもノイズが出て画質が荒れます
露出不足と思いますが
今後の課題です

posted by t_matusige401 at 09:49| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

douro-2.jpg

ー 道 路 ー

こつこつ地道に作品を作る

一見何でもない所に よく見、よく考えると 作品が隠れていることがある
これは一般によく言われることではある

雨の降った道路

見る目を変えて見ると
何だか面白そう
それをパソコンで色調補正すると
思いがけない世界が展開する

ここを少し、あちらを少し
思いつくまま 自分の想いを込めて
自分を探しに

こつこつ地道に作ってみる

単なる道路ではない
「 道路 」

posted by t_matusige401 at 09:48| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

akaikasa-3.jpg

ー 赤 い 傘 ー

「沢山撮るんですが作品が出来ません」
「作品は撮ったものを更に一歩進めるものです」
「どう進めるのでしょう」
「何を撮ったのか、何が物足りないのかを考えるのです」
「具体的に」
「これとこれをなくすと目が主役に集中しますし、意味が深くなります」
「はい」
「雰囲気はいいですが何か物足りない 物語のイメージになるものを一点加えればいい」
「物語のイメージ そういう構想が浮かびません」
「やる気があれば浮かぶものです」
「熱意、努力ですか」
「そうです 作品はこつこつ地道に作るものです」

「こつこつ地道に」 難しい

posted by t_matusige401 at 08:33| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

higasinosora.jpg

ー 東 の 空 ー

しとしと雨が降っています
きのうは昼頃から晴れました
きょうは終日降るそうです

じつは

きょう 孫・大輝の野球大会でした
平成24年度第73回綾瀬市少年野球連盟秋季大会
楽しみにしていました
応援に行く予定でした
活躍ぶりをいっぱい撮って 記念アルバムにまとめるつもりでした

多分来週の日曜日(30日)に順延になるでしょう

私が張り切るから雨になる
そんな気がしています




posted by t_matusige401 at 08:16| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

mannnakanosora.jpg

ー 眞 上 の 空 ー 

今朝 窓の外

空を見る
どんより灰色
道路を見る
濡れて光っている
傘をさす人
ケヤキの樹が濡れ、芝生が濡れ

窓をあける

涼しい風が入ってくる
ケヤキの緑は濃い松葉色で少し茶褐色を帯びている
しばらく眺めているうちに
雨は大降りになって来 道路に水玉を弾く

干上がった関東の水瓶に恵みの雨

心地良い眺め

posted by t_matusige401 at 09:15| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

nisinosora-1.jpg

ー 西 の 空 ー

昨日の朝日新聞
「プラス1分記憶力鍛える」 とあって 脳トレ版が出ていました

天声人語を1分間読んで覚え、それを原稿を見ずに書き写すものです
何文字正しく書けるかというもので、年代別平均値と目標値が出ています
平均値70代後半以上は17点、目標値は29点 
ただし、30文字書いても6文字目で間違えば5点です
早速試しにやってみました
毎回新聞を変えて6回

1回目、11文字書いて後は全く想い出せず 11点
2回目、30字くらい書いて13文字目、むずかしいの「ず」を「づ」と書いて 12点
3回目、17文字書いて4文字目の知恵の「知」を「智」と書いて 3点
4回目、20文字書いて正解 20点
5回目、8点
6回目、6点

10回以上やってその平均値が17点以上 私にとって とてつもない点数
少々脳トレやっても 届きそうな気がしない結果でした

posted by t_matusige401 at 08:49| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

madonosoto.jpg

ー 窓 の 外 ー

彼岸の入りとか
少しさわやかさが感じられるようになったかな
昨日 夕方6時頃
ふと見た窓の外 
雲が美しい
西の空は金色に輝き
中天は青と薄紅
東の空は真っ青
秋の気配のする空でした

posted by t_matusige401 at 10:01| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

hitoiki.jpg

ー ち ょ っ と 一 息 ー

国立新美術館
黒川紀章の特殊で豊かな構想がぎっしり詰まっている
その中にいると
写真撮影に意欲を駆り立てられる
大きな建物の全体も 一部分も 中に楽しむ人々も
人がいてもいなくても
何よりも周囲ガラス張りによる光の宝庫
閉館までいるとその変化が素晴らしい

posted by t_matusige401 at 09:01| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

todasu-1.jpg

ー 閉 ざ す ー

Gallery : 美術品陳列室

ぴたりとドアが閉ざされたまま
重々しい真っ黒のドア
中は明かりは消されて真っ暗であろう
多分 高い天井、高い壁のみ

大勢の人で賑わう美術館の一部



posted by t_matusige401 at 08:55| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

deiriguti.jpg

ー 出 入 口 ー

国立新美術館の正面出入り口
2階のテラスから見下ろして撮影
出入りする人を次々撮っていると
自分の足が1階の床に映っているのに気づく
これは面白い
出入りする人の位置、人数、服の色、男女
それらを考えながら10分間くらい
20枚程度
何故足が映ったのか不明

posted by t_matusige401 at 08:09| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

kage.jpg

ー 写 り こ み ー

第97回二科展 
六本木・国立新美術館
100年近くも続いている公房展
写真仲間から招待状を頂いて 昨日一人出かける

展示作品 絵画だけで1000点を超える
他に彫刻、写真、デザインもある
絵画作品 高さ5m幅3mもあろう 見上げるばかりのもある
サイズ制限は無いのだろうかと驚く

よくここまでと思える 作者の並々ならぬ情熱、努力が溢れていて心地よい
写真撮影自由という主催者の心遣いが嬉しい

posted by t_matusige401 at 08:20| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

mitiageru.jpg


ー 持 ち 上 げ る ー

東京都美術館入口
おなじみの球面体オブジェ
カメラを持ってここを通ると
必ず撮りたくなる芸術作品

記念撮影する若者を横からちょっと失礼
未来を託された若者の力強いポーズ

posted by t_matusige401 at 10:23| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

kirie.jpg

ー 公 園 の 切 り 絵 師 ー

赤い着物に紺の袴
若く美しい公園の切り絵師

昨日の上野公園
院展を見に行く途中

美しさに魅かれてカメラを向ける
カメラを意識して切り絵を刻み始める
5、6枚撮ったところで切り絵は出来上がり
黒いボードに張り付けてお披露目
拍手
それを透明なビニールに挟んで私の方へ近づいてくる
有り難く頂く
「投げ銭歓迎」と書いた箱が眼に入る
100円硬貨を数枚持って箱の中へ
青蛙が二匹並んで目をパチリ
良いお土産が出来る

posted by t_matusige401 at 08:08| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

tannjyou.jpg

ー 誕 生 ー

鉄人 阪神・金本 今季で引退
突然の決断 

引退会見・一問一答 

ー 野球とは ー
人生そのもの。
10歳から始めて、7,8割がしんどいことで、2,3割の喜び、充実感しかなjかった。
でも、その2,3割をずっと追いかけてきた。
そんな野球人生だった。

posted by t_matusige401 at 09:47| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

tamagawa-2.jpg

ー 多 摩 川 夕 景 ー

等々力渓谷の帰り 二子玉川駅で乗り換え
プラットホームからすぐ近くに多摩川が見えます
西に傾いた太陽に流れが輝いていました
河原で遊ぶ人達がシルエットになって詩情を感じました

良く見かける河原の風景です

posted by t_matusige401 at 09:06| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

nihonnteiennnosiba.jpg

ー 日 本 庭 園 芝 生 の 園 ー

等々力渓谷日本庭園 
明るい日差し
周囲の木影に座ってほっと一息
犬を連れて歩く人 それが二人も三人も
子供たちが 芝生に寝転んでおおはしゃぎ

芝生の園は歩き疲れた人を優しく迎えてくれる
憩いのひと時


posted by t_matusige401 at 08:32| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

todorokinokeikoku.jpg

ー 等 々 力 渓 谷 ー

東京都世田谷区にある渓谷
大方が湧水で多摩川に注ぐ谷沢川
一般道路から10m下に約1Km続いている谷川

20年ばかり前に行ったことがありましたが
下水で汚され どぶ臭いにおいがして 良い印象はありませんでした
10年ばかり前に東京都名勝に指定され
環境も整備され きれいになっていると聞いたので 昨日出かけました

水量が少なく 水の流れていないところもあって 一見期待外れでしが
歩いているうちに
周囲の樹々は生い茂り 少しは涼しく 
下水の匂いは全くなく
子供たちが川に入って水遊びをしていたり
細い一本の滝 不動の滝は石に落ちて弾く勢いは強く 何か趣があっていい感じでした

脇の傾斜に日本庭園が造られていて 曲がりくねった坂道を登りきると
明るい芝生の広場が広がっていました

電車で片道2時間足らず 8500歩の散歩でした



posted by t_matusige401 at 08:46| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

semi-2.jpg

ー 空 蝉 ー

蝉は 一般に地中7年地上7日と言われます
幼虫から羽化して残った抜け殻を空蝉
うつせみはこの世に生きている人間 現世 という意味もあるそうです

小学校3年〜5年生の頃 
小学校の隣りに女学校があって
女学校の周りが桜の樹で囲まれていました
この桜の樹の下で蝉の幼虫を捕ったものです
夕方になって桜の樹の下に行くと 小さな穴が開いている
指で穴をつつくと穴は大きくなります
指を入れると幼虫が居ます
細い木の枝を差し込むと幼虫が枝につかまり
引き抜くと幼虫が付いて出てきます

それを持ち帰り
蚊帳に止まらせて羽化を観察したものです

みずみずしい薄青色で 薄茶色の線が入り 
本当に美しいと思いました

羽に触ると 水ぶくれが出来成長が止まってしまいました
蚊帳の中で羽化して成虫になって 翌朝元気に飛んで行った記憶はありません

露に濡れ 自然の風に吹かれて 羽は成長するのだと聞きました
遠い遠い 想い出です

posted by t_matusige401 at 09:07| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

nasi-1.jpg

ー 梨 狩 り ー

私の住む春日部市の農産物の一つに梨があります
「幸水」が終り「豊水」が出荷の時期だそうです

夏休みにお世話になった人に お礼の印に地元の梨を送ろうと
農園へ自転車で出かけました 一時間半
道の両脇に直販農園の幟があちこちに掲げられています
何所へ寄っても皆注文が多く 10日ばかり出荷待ちだとか

梨狩りもさせてくれます
と言っても 梨畑に案内してくれ
これがいい あれがいいと教えてくれ それを手でもぎ取るだけ
6個ばかり取って 土産に持ち帰りました
少しゆがんだ 形の悪いのを3個 サービスに加えてくれました

蝉の抜け殻が沢山くっ付いていました

posted by t_matusige401 at 10:15| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

yuudatinoato-1.jpg

ー 雨 上 が り の 光 景 ー

昨日午後、片道1時間半の道程
女房と二人自転車散歩に出かけました
晴れていたので傘は持たずに
30分も来たところで雨が降り始めました
雷もピカピカ ゴロゴロ
丁度中央公民館の近くだったので雨宿り
絵の展覧会を催していました
2時間ばかり経っても雨は止みません
そのうち少し小雨になったので 
コンビニでビニール傘を買って 帰ることにしました
途中レストランで早めの夕食兼雨宿り
1時間ばかり 雨は止みました
自宅近くのスーパーに寄り道して
出てくると何と凄い夕焼け
雨に濡れた駐車場が赤く輝いていました

苦笑いの自転車散歩

posted by t_matusige401 at 08:45| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

ue-1.jpg

ー 只 今 受 験 勉 強 中 ー

昨日、上野 東京都美術館へ行ってきました
知人が公募展に入賞されたと案内を受けて出かけました
基本のデッサンがしっかり出来た 素晴らしい絵だなと思いました
院展も開催していましたが 16日までまだ日があるので 観ずに美術館を出ました

噴水の周りがきれいに整備されていました 野菜畑も出来るようです
そのすぐ近くで 二人の男女若者が似顔絵を描いていました  無料です

アメリカで人気の新しい表現方法で描く似顔絵
プロの資格を取るための只今受験勉強中とか
「 無料で似顔絵を描かせて頂いて勉強する 」 一挙両得のアイディア
一人のモデルを男女二人の受験生が同時に描いて15分 
記念撮影の後 二枚の似顔絵をプレゼント
漫画チックに 可なりデフォルメされているけれど 要点はしっかり捉えて良く似ています
この心のこもった厚意に 私は勿論 観客は拍手
モデル希望者は5,6人順番待ち 
似顔絵をプレゼントされたモデルの客は 「 頑張ってね 」 受験生と握手してさようなら

その雰囲気の良さに 後髪を引かれる思いで 私も帰路につきました

posted by t_matusige401 at 10:02| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

myougi-sonogo-1.jpg

ー 妙 義 山 ・ そ の 後 ー

「何も無いほうがいい」
妙義山に天狗 天狗に八つ手の団扇
天狗を入れればそれを悲しむ娘も添えよう
月は欠けて細り やがて闇夜になる
下弦の月がそれを象徴する

これらはすべて自分の頭の中
暗闇の中に 赤や黄色や紫や華やかな色は美しく見えて心地よい
妄想に酔いしれて 細部にこだわっているうちに 全体が見えなくなってしまっている
何とちまちまと小さく凝り固まっていることよ

「何も無いほうがいい」
出来るだけ取り払ってみる
月さえも無い方がいいかも知れない

posted by t_matusige401 at 09:16| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

maipe-su-1.jpg

ー マ イ ペ ー ス ー

数十人がグループになって
鉦や太鼓で拍子をとりながら練り歩く
グループが一つになる
そのグループからはみ出てはいないけれど
マイペースを保っている人もいる
それはベテランの踊り手
長年踊り込んだ味が じっくりとにじみ出る
あわてず、騒がず祭りを心から楽しんでいる
祭りは観る人も踊る人も 人それぞれ自由
だから楽しい

posted by t_matusige401 at 08:45| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

tanosiku.jpg

ー 楽 し い ね ー

南越谷阿波踊りには結構ちびっこも参加しています
「 ちびっこ連 」というのもあります
ちびっこ阿波踊り教室もあります
南越谷阿波踊りが末長く繁栄するように ちびっこを育てておこうの心遣いでしょう
ちびっこの無心な踊りは微笑ましく楽しいものです
観衆の中から踊りたくなって 飛び出してくるびっこも居ます

楽しいね

posted by t_matusige401 at 08:42| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

kirameku-2.jpg

ー き ら め く ひ と み ー

一所懸命やっていると 
そこにきらめくものが現れる
それこそがその人の真実の姿
真実の姿は美しい
笑みを浮かべるその表情にも
指先にも そして着物の色合いにも
日ごろの練習の蓄積が裏付けられているように思える

きらめくひとみ


posted by t_matusige401 at 09:39| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

susumu.jpg

ー 先 を 見 す え る ー

南越谷阿波踊り

真剣そのもの
先を見すえる目
神経が行きとどいて 
ピンと張りつめた雰囲気
これが見る人に感動を与えるのでしょう
楽しい踊りの中にも必要な
緊張感

posted by t_matusige401 at 08:00| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする