2012年07月31日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

tuyu.jpg

ー 浄 界 ー

これも試みの続き
試みだから何をやってもいい
絵画は真実を追求して嘘を描くとも言われる
嘘なのである 絵画ではこの嘘が認められている
ところが写真分野では 「真を写す」 という根強い感覚があって 嘘は嫌われる
本来の写真と 作品としての写真を区別して見ることが 一般には難しい

それは私自体の感覚の中にも備わっている
だから嘘を創ると どことなく気持ちが落ち着かない

デジタルアート  
これははっきり絵画の分野 基本的に感覚が違う
純粋なデジタルアートを勉強することによって
そのあたりの葛藤が私の中に生じているのを感じる

posted by t_matusige401 at 09:37| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

kekkai.jpg

ー 結 界 ー

昨日、デジタルアートの講習会
また新人が2人
結婚式などの若手プロカメラマン
二紀会に油絵を出品している絵描きさん
何とまたそうそうたるメンバー
相変わらず意見頻発

私の作品を見ていただく
最新作 路上のアート6点

生徒の意見
「何故顔ばかりなのか」
「顔の必然性はどこにあるのか」
「あからさまの顔より想像される顔にならないのか」
「撮った原画が見たい、作品になる過程はどうなのか」

先生の意見
「発想もいい、良く出来ている しかし発想に変化がない もっと新しい試みを考えること」

昨夜寝ながら考える 
ふと思いつく

今朝2時間半 新しい発想の試み
「結界」





posted by t_matusige401 at 08:54| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

kao.jpg

ー か お ー

同じ県内で36度とか37度とか言っている
猛暑
外へ出ると めまいがするのではないかと思う
それでも 1時過ぎぶらぶらカメラを持って 帽子をかぶって外へ出る
道路白線のアートを求めて

駅前のターミナルにはひび割れた道路を補修するためコールタールか何か
黒くてねばっこい塗料の様な物が塗られている
それが部分的に盛り上がってレリーフのよう
面白い
仙人を見つけ、ビーナスを見つけ、ライオンを見つける
抽象的アートに見とれている

すぐ横の歩道から声がかかる
見るとバスがすぐ手前に来ている
そこはバス停車場
あわてて歩道へ逃れる

汗が頬を伝う ハンカチでぬぐってまたアートを探す
左右気を付けているようでも車は静かに速い

ポケットの携帯が鳴る
「今どこにいるの」 「駅前」
「熱中症になるから帰ってきなさい」 「はいはい」

家に帰るとどっと汗が出る 下着をすべて取り替えて 冷房が涼しい
冷凍庫からアイスのシャーベットを取り出す
かちかちに凍ったそれをフォークで砕いて口に
うまい

幸せを感じる



posted by t_matusige401 at 09:10| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

yorunoteiou.jpg

ー し ゃ れ 男 ー

今朝 ロンドンオリンピック開会式をテレビで少し見ました
広く円い会場は これが競技場? 眼を疑うほどの田園風景 
草原が広がり 草ぼうぼうの小高い丘があります

入場する選手団はみんな自由気まま 伸び伸びと明るく ほがらか
丘には参加204カ国の旗手の持つカラフルな国旗が入場する毎に次々と立て行く
選手団の衣服は 青、黄、黒、緑、赤 実に色とりどりで 中央に集まると
そこはまるで花畑
会場全体が自由、フリーで満ち溢れていました

それでいて 大会旗が丘に掲げられる時には きびきびした規律正しい緊張感が漂います
これがイギリスか これが世界か これが人類かと
感動に包まれて 立派なアートを感じました

posted by t_matusige401 at 09:32| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

musi.jpg

ー む し ー

先日(22日) カメラ雑誌 年に一度のジャンル別コンテストで スナップ部門1位に胸キュン
と書いたところ
その後、メールや電話やメルマガなどで 仲間たちがおめでとうと言って下さいました
皆さんに応援してもらっているという実感が湧いて、うれしく、有り難く、再び胸キュンとなりました
更に精いっぱい 自分の道を精進いたします
今後ともよろしくご支援 お願いいたします



posted by t_matusige401 at 10:42| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

doubututati.jpg

ー ど う ぶ つ た ち ー

実力という言葉がある
いいかげんなことをしても ある程度の実力が結果に現れる
いろいろなことを考えて 特殊なことをしようとしても 実力以上のものは出来ない
しかし一生懸命続けていると 少しづつ実力が上がっていくようにも思う
単純明快な作品をと思い付いて 「さかな」 「やさい」 を創ってみたけれど
3回しか続かない
同じように創ったつもりが 「どうぶつたち」 はもう別の世界になってしまっている
まるで和紙に描いた墨絵のよう
これも良しと思う


posted by t_matusige401 at 08:00| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

yasai-2.jpg

ー こ れ も や さ い ー

道路白線を見ながら歩いていると いろいろな物が見えます
チューインガムでしょうか 車に踏まれてペッタンコになり
真っ黒の模様を描いています

これらだけを撮って廻っても 結構楽しめそうです
何分にも単純明快です

そう思って 昨日ちょっと駅前まで小用で出た帰り 道路に沿って探して歩きましたが
約500m一つも見当たりませんでした

有りそうで無さそうです


posted by t_matusige401 at 08:06| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

yasai.jpg

ー や さ い ー

キャノンG1X 、G9  ニコンD300s レンズ4種類 
それぞれ三脚を使って同一被写体を撮り比べてみる

G1Xは流石に鮮やか D300sはレンズを変えても結果は同じ
撮った写真をパソコン上 ピクセル等倍(100%)まで大きくして見る
G1Xは100%でも鮮明 G9もほとんど変わらない
D300sは100%ではかなりぼけている 66.67%でも甘い

外へ出て白線を撮ってみる 「さかな」 「やさい」 を比較
G1Xは鮮明 しかし硬くて冷たい D300sは柔らかくて暖かい
被写体にもよるけれど 作品としてはD300sの方が味があって良さそう

全紙くらいまでは伸びるのだからD300sでいいかと思う

出来ることなら D800も試してみたい

posted by t_matusige401 at 08:30| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

sakana.jpg

ー さ か な ー

道路白線壁画 やはり難しい なまじっかでは出来そうにない

昨日さっちゃんを撮り直しに出かけて また新しい材料を見つけた
単純にして明快な作品 「さかな」
カメラもD300sよりコンパクトデジカメ・キャノンG9の方が色も解像度も良いのだから驚き
新しく出た解像度のすぐれたG1Xを友人を頼んで検討する予定
D300sもレンズを換えて検討

道路壁画の作成はカメラ、レンズに至る根本問題を提起してくれた
それほど大変な作品創りだと自覚する

posted by t_matusige401 at 08:50| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

sattyann.jpg

ー さ っ ち ゃ ん ー

昨日は特殊な一日
昼前から人形町へ囲碁OB会
逗子にお住まいの会社の先輩 20年ぶりに再開
昔と変わらないほがらかさ 「もう八十になられましたか」 と眼を見ると
「そう、年をとりまして今五十九歳 誕生日がくると還暦を迎えます」
真面目な顔して さらりと答えられる

帰りに秋葉原ヨドバシカメラによって カメラ雑誌を立ち読み
月刊カメラマンを開くとジャンル別フォトコンテスト 各ジャンルごとの総評のページ スナップ部門
私の 「雨上がり」 が出ている
おやと思って結果発表のページを開くと 「雨上がり」 が大きく出ている スナップ部門 1 位
「なんとお洒落な写真だろう! 夕立ちだったのだろうか、雨上がりの銀座。水溜りに映る裏返しの時計の指針は5時前。早足に行きかう人々。・・・・センスと腕前が生み出した文句なしの1位」
胸がキュンと鳴った

家に帰ったのは8時過ぎ 食事をしてテレビを見ていると10時 明日の作品が出来ていない
題名は 「さっちゃん」 決まっている
可愛いさっちゃを描き始めたが描けば描くほど さっちゃんは歳をとっていく
これではさっちゃんが可哀そう また最初からやり直し
11時を過ぎると疲れが出てくる 集中力が無くなる 無理にしていると頭が痛くなってくる

ウサギはもっと白くないといけない 「さっちゃん」 ついに挫折 また明日撮り直して再出発 

posted by t_matusige401 at 09:09| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

tanosikattanemataasita.jpg

ー 楽 し かっ た ね  ま た あ し た ー

昨日と一昨日の作品を上下に合成したもの
ドキュメントサイズ : W329mm X H483mm X 300pixel/inch
容量 : 63.4MB
保存形式 : TIFF
これを横に8枚つなぐと W2m64cm X H48.3cm の大作

登場する動物はまだまだこれから探さねばならない
とりあえずは可愛い女の子、睦まじい老夫婦が動物と遊ぶ姿が考えられている

全体にぼかしを入れて柔らかい雰囲気を出そうとしているが、その良し悪しに迷っている

解像度不足はレンズの所為かカメラを含めて検討中

posted by t_matusige401 at 09:23| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

tanosikattane.jpg

ー 楽 し か っ た ね ー

道路白線の壁画 構想はいろいろ浮かんでくる
でも本当に見るに堪える作品になるのであろうか

大作をまとめるには相応の構想力が必要
画面全体が必然性で成り立っていなければならない
しかも物語がしっかり溢れていなければならない
ただものの形を並べただけでは作品にならないであろう
気力、体力、集中力、豊かな想像力を宿した感性が必要になる

自分を試す絶好の機会

色調補正を+1で撮り直し 白線が白くなる

posted by t_matusige401 at 09:40| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

dewamataasita.jpg

ー で は ま た あ し た ー

美の巨人・棟方志功 何度も見たテレビ録画を改めて見ていました
巨大板画 縦2m15cm 横6m68cm 「花矢の柵」
東西南北に女神を配して宇宙を表現 その中で青森より矢を放つ

「自分でないものから始まってこそ 仕事というものは本当らしさが出てくる
 本当のものは他力なものから来なければならない」

一心不乱に集中していると 自分以外のものに導かれて 気がつくと作品が生まれている 
如何にも棟方志功の言葉らしい

私も何者かに導かれて 高さ48.3cm 幅2m65cmの大作を思いつく
早速33℃の炎天下 カメラを持って外へ出る
「道路白線の壁画」「動物戯画」を構想
8G CFカード満杯のTIFF225枚 約40分
汗だくの下着を取り換えて パソコンに取り入れてみる ピントが甘い 撮り直し
再び炎天下
構想は何とか進みそう
露出補正なども考えながら せめて一脚を持って 今日もまた何度か撮り直しが続きそう




posted by t_matusige401 at 08:13| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

sannjyounoasobi-2.jpg

ー 天 上 に 遊 ぶ ー

公民館のデッサン教室でスケッチしてきた絵が少し色を塗って放置してあります
私はそれを見て何か味があると思いました
女房の絵です
写真を撮ろうとすると
「まだ途中だから写真は撮らないで」と声がしました

昨日、夕焼けでした 赤というより黄金色に雲が染まっていました
夕焼け空を20枚ばかり撮りました
絵と夕焼け空を合成して何か出来そうな気がしたのです

5時間も掛ったでしょうか あれやこれや手を施しましたが 所詮それなりのものしか出来ません

気まぐれな遊びです

posted by t_matusige401 at 09:06| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

mousyo.jpg

ー 猛 暑 ー

夕方女房と近くのスーパーへ買い物に出かけました
久しぶりにミスタードーナッツに入りました
私はかき氷が主になったマンゴーの果汁ジュース
女房は熱い紅茶
それぞれに好みのドーナツを注文
「今日は暑いね」
「ここは涼しくっていい」
「今描いている人物 構想がなかなかまとまらなくって」
「いろんな物を実際にスケッチして 構想を錬らなくちゃだめだよ」
「資料を沢山出してきて参考にしてるんだけど」

ドーナツを食べ終えて
「寒いね、ここのクーラー効き過ぎだ」
「私は暑いくらい」
「お父さんは氷を食べたから寒くなったんでしょう」
「お前は熱い紅茶を飲んだから暑いのか」

「これは笑い話だね」
二人は顔を見合せて笑いました

posted by t_matusige401 at 08:12| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

watasimoodoru.jpg

ー わ た し も お ど る ー

いやー楽しいね まったくこだわりがない 全員うちとけている
デジタルアート講習会 千葉県市川市

先生はパソコンを駆使して創る版画家 24インチのパソコンを持参して説明する
性格はおおらかで屈託がない
生徒は6名 女性4名 男性2名
版画家あり、イラストレイターあり、銅板画に凝るひとあり、アクリル画を楽しむ人、
そしてデジカメとパソコンの講師あり 多士済々
全てがパソコンで作品を仕上げている
年齢はほぼまとまって 私が少し離れて先輩の様子

それぞれ自分の作品を持参してパソコン画面で作業内容を説明し、先生と意見交換する
勿論見る生徒から意見を述べるのも自由 大歓迎 大いに口を出す
先生は 「こうしたら面白い」 といじくりまわし、自分の資料から波模様を加えたりする
作者は自分の意図に反すると受け入れない
しこたまやって結論は出ない 勿論みんなの意見を参考に 今後の作品修正を考えるという

わたしも持参した4、5点 見て頂く 駅プラットホームでの白線黄線模様 新鮮として好評

1時〜5時まで4時間 休憩もせずあっという間に過ぎる
帰りに軽食レストランに入って みんなでお茶を飲みながらワイワイがやがや1時間半
作品作成への意欲は尽きない

posted by t_matusige401 at 08:44| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

habutainomai.jpg

ー 白 鷺 の 舞 い ー

昨夜5時〜9時我が春日部市の夏祭り
勢いある市長の挨拶に始って凄い盛り上がり
駅前の相当広い区域を車の通行を遮断して人、人、人
道路に広場に次々展開されるグループの踊りは若き血潮がみなぎる
大きな旗が色とりどりに空を交錯する 二つ三つ

太鼓組は広い交差点を陣取りその音は周囲を囲む見る人 聞く人の腹に響かせる

神輿はその数20を超えると聞く それらを連ねて街中を練り歩く

写真仲間10名それぞれカメラを首に祭の中に潜り込む
7時、仲間は集まって腹ごしらえ 後は自由解散
私は9時まで神輿の勢いと共にシャッターを切り続けた

撮った枚数1515枚 1日にして最高記録
だが、納得の作品は見当たらない

posted by t_matusige401 at 09:39| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

miwakunoyakata.jpg

ー 好 奇 の 舘 ー

銀座のど真ん中
厳めしい建物
脊の高い入口扉
半分開いた中は薄暗い
筋肉マンの彫像がある
外国人男の素晴らしい肉体が絡み合う映像
鍛え上げられた筋肉マンがニコニコ顔で客を迎え入れる
ポラロイドカメラを持った若い美人が筋肉マンと一緒に写真を撮りませんかと誘う
撮った写真はすぐその場でプリントして記念にくれる 無料
その奥に二階への階段がある
若いひとばかり
次々二階へ上がっていく
二階に何があるのだろう
私はそれを聞くことも出来ない
如何にも無粋である

銀座の午後の好奇の舘

posted by t_matusige401 at 08:24| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

marunoutinokyuujitu-2.jpg

ー 丸 の 内 仲 通 り ー

丸の内は高級なオフイス街
仲通りは商店街でもある
一般の商店街とは全く違う
立派なビルの構え
私などちょっと入りにくい店構え
高級品を主に扱っているように思える
日曜日の夕方人通りもぱらぱら
でも 歩いていて気分はいい
通りの脇には立派な彫刻も置かれていて、品格がある街
夕日の反射がビルのガラスに映り込んで 美しく映えている
これが「丸の内仲通り」

posted by t_matusige401 at 07:20| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

tokainoyuuguredoki.jpg

ー 都 会 の 夕 暮 れ ど き ー

東京駅前 丸の内ビル
青空が見えているけれど もう6時過ぎ
大改修の東京駅が大方工事も終わって創建当時の姿を見せている
素晴らしいもの 優れたもの その姿には何か魅せられる

その姿がビルのガラスに映っているのに魅かれてシャッターを切った
空へ伸びるビルの群れ
屋外喫茶スペースでくつろぐ若い男女の楽しげな様子
新しく生まれ変わる東京駅前を象徴しているかに見える

爽やかな「都会の夕暮れどき」


posted by t_matusige401 at 09:03| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

futatunokoppu.jpg

ー コ ー ヒ ー コ ッ プ  ー

丸の内仲通り
日曜日の夕方
人通りは少ない
通りの脇にテーブルと椅子がある
ちょっと休憩するため

つい先ほどまで二人がくつろいでいたのであろう
きちっと揃えて二つのコーヒーコップ
礼儀正しい思いがする
この辺り高級志向の店が多い

きっと上品な若いカップルが
明るい未来の夢を語り合ったに違いない
ガラスに映る景色も甘くにじんで夢のよう

posted by t_matusige401 at 08:26| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

hima-1.jpg

ー ひ ま ー

朝顔市 狭い通りに 朝顔の出店がぎっしり並んでいる
その前を人はすれ違いながらぞろぞろ歩く
店の人は一人一人に声をかける
雰囲気は賑やかで忙しそう
でも買う人は少ない

やはりひまなのだろうか
それとも忙しく呼び込んだ後の ほっと一息であろうか
若者の後姿

posted by t_matusige401 at 08:33| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

uretemasu.jpg

ー 売 れ て ま す ー

夜の丸の内界隈が撮りたくて 午後も遅くから出かけました
途中 入谷の朝顔市に寄り道 朝顔市は昨日8日まで
朝顔は朝でないと駄目 やはり花が咲いている方がいい
2,30年前に比べると大分店も少なくなった感じ
古き良きものを守り続けているとはいえ 時の流れ
勢いが違う
私だって毎年買って その四色を楽しんだり
娘の所へ送ったりもしたのだけれど
今は花を買うどころか その日をさえ忘れている

その日の売上げがビニール袋に入れて樹に縛りつけてあった
結構売れているようにも思えるけれど 昔の何分の一かも知れない

posted by t_matusige401 at 08:19| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

tawamure-1.jpg

ー 戯 れ る ー


争っているのかも知れません
激しく動いています
題名は 「戯れる」 の方が楽しくていいと思ったのです

作品というものは
作者の意図がはきりしていないといけません
争いを表現したいのか
戯れを表現したいのか
それは作品にとりかかる時の心構えです

にもかかわらず
出来た後でこちらの方がいいと思ったというのはおかしい

それは創る以前にしっかりした心構えがなかったからか
思い通りの作品にならなかったからです

posted by t_matusige401 at 08:52| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

syuuketu-1.jpg

ー 集 い ー

何か有るのでしょう
楽しいことか
厳しいことか
集まってきて
何か相談事

原画には波模様がありました
模様も絵になります
しかし目ざわりでもあります
少しずつ暗くして 幽かに残しましたが
やっぱり気になります
すべて消しました

今朝見直すと
まだ あちこち白い波跡が残っていました
すべてしっかり消しました
気持が落ち着きました

波模様が必要か必要でないか
それは鯉の配置によるようです
この配置では波模様の入る余地がなさそうです





posted by t_matusige401 at 08:50| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

syokanohirusugi.jpg

ー 初 夏 の 昼 下 が り ー

福田平八郎と言えば  「漣」(さざなみ) 「筍」 「雨」 の3点が有名
私の生まれる前に描かれた 「漣」 白いバックに青い線の波模様のみ 何と新鮮な日本画
戦後間もなく描かれた 「筍」 タケノコが2本だけ バックはうすい線描きの竹の落ち葉のみ
単純にして明快 それでいて真っ黒な筍は生き生きと力強い
55年前に描かれた 「雨」 は二階の窓から見た屋根瓦のみ そこに雨の跡模様

「福田平八郎」 展を見て 私は何故か「鯉」の絵をカメラで描きたくなりました
水底にじっとしている静かな「鯉」です
だから、昨日 西新井大師へ行きました
ここには小さな池があって水は澄んでいて鯉が沢山います

一匹静かに動かない鯉 そんなの撮れませんでした
鯉はみな元気に泳ぎ回っていました
初夏の昼下がり

posted by t_matusige401 at 08:51| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

noborukudaru.jpg

ー 上 り 下 り ー

本土寺には小さな池があります
池の真ん中に小さな島があります
島にもアジサイが咲いています
そのアジサイが池に映っています
池に鯉の子供か金魚が少し居ます
群れをなして泳いでいます
池に映る紫陽花の間を泳ぐ朱色の金魚が美しく眼をひきます
金魚は水平に泳ぐのが普通です
私の眼には縦に上下する方が面白く楽しく見えます

posted by t_matusige401 at 08:37| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

mejiti-1.jpg

ー 梅 雨 ー

山種美術館 生誕120年 福田平八郎と日本画モダン 展

昨日観に行きました
恵比寿駅から徒歩15分
駅を出ると大雨でした
透明なビニールの傘をさしてほぼ美術館まで来たところ
道路のすぐ横、ビルの脇
高さ4〜5mもあろう大きな彫像
ミケランジェロの 「ダビデ像」
なぜこんなところのにこんな彫像があるのか
ただあるだけ
私は雨粒模様のビニール傘を通して10枚ばかり撮りました

イタリア・フィレンツェ ミケランジェロ広場に立つというミケランジェロの傑作

もうそれだけで十分でした せめて私の趣向 ビニール傘のボケ 「 梅雨 」

posted by t_matusige401 at 08:50| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

gennsouwagayanoamaririsu-1.jpg


ー 幻 想  我 が 家 の ア マ リ リ ス ー


今朝ベランダを見るとアマリリスの花が開いています
昨年暮れ 芽が出て茎が伸びて蕾が付いて開いて4輪のアマリリス
2か月足らず楽しませてくれた我が家のアマリリスです
1か月ばかり前から茎が伸びてきて 今朝見ると咲いていました
珍しいことです うれしいことです
まだ開いたばかりですが撮ってみました

やっぱり物足りず 自分のアマリリスを創ってしまいました
「幻想我が家のアマリリス」

posted by t_matusige401 at 09:11| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

gennei-1.jpg

ー ア ジ サ イ 幻 影 ー

昨日、千葉県松戸市の本土寺へ行ってきました
本土寺は紫陽花寺とも呼ばれ、アジサイが広い境内一杯に植えられています
雨が降って雨露が光っているのを逆光で撮ろうと105mmマクロレンズのみ持参しました
雨は少ししか降りませんでした
そして露の光るのは朝露が朝日を受けて輝くのであって、曇天では輝かないことを知りました
兎に角難しいです
張り切って行きましたが どうしても輝く露は撮れませんでした

苦心の末出来あがったのは自分の脳裏に現れた紫陽花の幻
「アジサイ幻影」

posted by t_matusige401 at 08:50| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

自 分 を 探 し に 幾 千 里

gunnzou.jpg

ー 群 像 ー


銀座ユニクロ 数か月前にオープン 
銀座本通りを歩いていても目立つほどの新鮮さ
キラキラ輝くやわらかな色彩
鏡で構成されているから

夜は更に華やかになる
ちょっと入ってみたくなる
若々しいファッション
立ち並ぶマネキンの群像
それが四方の鏡に倍増されて無限に続く

狭い区画を広く見せる建築家の知恵

10階にステテコ新柄80種が賑やかに並んでいました

posted by t_matusige401 at 08:32| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする