2020年07月10日

2020年07月09日

自 分 を 見 つ け に 幾 千 里

komoriuta.jpg

ー  子 守 唄  ー

ね ん ね ん こ ろ り よ お こ ろ り よ
坊 や は よ い 子 だ ね ん ね し な

ね ん ね の お 守 り は ど こ へ 行 た
あ の 山 こ え て 里 へ 行 っ た

里 の み や げ に な に も ろ た
で ん で ん 太 鼓 に 笙 の 笛

起 き ゃ が り 小 法 師 に 振 り 鼓
起 き ゃ が り 小 法 師 に 振 り 鼓

自然に出てくる 私の子守唄

「 道 端 の 造 形 」



posted by t_matusige401 at 06:40| Comment(0) | 写真、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月08日

自 分 を 見 つ け に 幾 千 里

hosidukiyo.jpg

ー  星 明 り  ー


胞子ひとつ 一つが輝いて

明日への繁栄

発展と希望が見える

「 道 端 の 造 形 」



posted by t_matusige401 at 09:47| Comment(2) | 写真、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

自 分 を 見 つ け に 幾 千 里

kaerinorifuto.jpg

ー  楽 し か っ た 八 方 尾 根  ー

13時45分 グラートクワッド に帰り着く
振り返れば白馬三山 広大な尾根の雪景色
素晴らしく 楽しかった

リフト三台乗り継いで
麓には 温泉がある

ゆっくり湯に浸かって
全身をほぐす心地良さ

ビールで乾杯とはいかないが
せめて ノンアルコールで乾杯
キユーン のど越しは最高

「 楽 し か っ た 八 方 尾 根 」

令 和 2 年 2 月 2 9 日  八 方 尾 根



posted by t_matusige401 at 07:41| Comment(0) | 写真、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

自 分 を 見 つ け に 幾 千 里

dakekannba.jpg

ー  ダ ケ カ ン バ  ー


丸山ケルンから500mばかり下った所に
上ノ樺 下ノ樺 ふたつのダケカンバ帯がある
ダケカンバは落葉 広葉樹 高山帯に見られる
高さ10m〜15m 大きなものは30mにも

何もない雪原から 樹のある林に着くと
ほっと心がほぐれる

目的を達した達成感 頼るもののある安心感
いろいろポーズして ビデオなど撮ってみる

もうここからは グラートクワットチェアリフトまで 下り坂
足どりも軽い

令 和 2 年 2 月 2 9 日  八 方 尾 根





posted by t_matusige401 at 07:36| Comment(0) | 写真、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

自 分 を 見 つ け に 幾 千 里

karamatudake.jpg

―  唐 松 岳 へ の 道  ー

唐松岳へ登る人が見える
普通の登山者に見える
だが この一人 ひとりは
それなりの経験と 十分な計画 準備をして登っている一人 ひとり

唐松岳頂上からは360度視界が開け 立山 鹿島槍ヶ岳 五竜岳など北アルプスの名峰が望める
ここでのみ見る事が出来 ここでのみ感じることの出来る北アルプスパノラマビューがここにある

また頂上近くに唐松岳頂上山荘
ここで宿泊し 翌朝 北アルプスの朝焼けを楽しみに登る人もいるという

そのような唐松岳への想いを 胸に秘めて その道に続く黒い列の一点一点である

令 和 2 年 2 月 2 9 日  八 方 尾 根






posted by t_matusige401 at 07:22| Comment(0) | 写真、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

自 分 を 見 つ け に 幾 千 里

maruyamakerunn.jpg

―  丸 山 ケ ル ン  ー

歩き始めて3km
標高差600m
約2時間30分かかって到着

丸山ケルン

銅板に文字が刻まれている
昭和36年11月24日鳥海勝男君風雪のため遭難永眠す
記念としてこの指導標を建てる
昭和37年7月
国鉄大宮工場山岳部

唐松岳がすぐそこに聳えている
唐松岳迄1.5km 標高差260m

だがここからは 尾根の幅が狭くなり 岩の多いガレ場となり 風が強くなる
少し踏み込んではみたが 風がきつい 吹き飛ばされそう

納得して 折り返す

時に真昼 12時前











posted by t_matusige401 at 08:05| Comment(0) | 写真、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

自 分 を 見 つ け に 幾 千 里

happouike.jpg

ー  八 方 池  ー

リフトを降りて1.5km
標高差 250m 登った所
八方尾根 中間どころに  八方池

八方池は 白馬三山 不帰ノ嶮 を間近に仰ぐ 憩いの場
池に白馬三山を写して 絶景スポットとされている

しかし 冬は池に氷が張り 雪に覆われて 白馬三山は映らない

この 標識の先 雪の端まで行けば 雪の八方池が見えるのだが
足跡のない雪の上は 怖くて近づけない

それが 素晴らしさと危険が同居する 八方尾根

令 和 2 年 2 月 2 9 日  八 方 尾 根



posted by t_matusige401 at 07:54| Comment(0) | 写真、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

自 分 を 見 つ け に 幾 千 里

fuumonn.jpg

―  シ ュ カ ブ ラ  ー

シ ュ カ ブ ラ とは
ノルウエー語で 波   雪 紋  風 雪 紋 と訳される

強く吹く風で 雪面が削り取られて出来る 波状の雪の塊
雪深いところでは 立体的に削られ 彫刻の如く
雪の造形美 大自然の創り出す芸術作品 とも呼ばれる

雪と風さえあれば いつでも どこでも出来るというものではなく
出来る条件が必要
非常にデリケートな芸術作品 

令 和 2 年 2 月 2 9 日  八 方 尾 根



posted by t_matusige401 at 06:29| Comment(2) | 写真、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

自 分 を 見 つ け に 幾 千 里

kerunn.jpg

ー  ケ ル ン  ー

ケ ル ン と は
高地地帯 稜線 山頂付近など 方向感覚を保つため 石を円錐状に積み上げた 道標
また 遭難者の慰霊 のため造られたものもある

八方尾根には 第一ケルンから 丸山ケルンまで 六つのケルンがある
雪に覆われ 駄々広くつかみどころのない尾根では 思いがけない落とし穴があるそうな

安全に 素晴らしい自然の美しさに触れられるよう
先人たちの 情緒ある知恵である

令 和 2 年 2 月 2 9 日  八 方 尾 根





posted by t_matusige401 at 05:41| Comment(0) | 写真、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

自 分 を 見 つ け に 幾 千 里

happouone.jpg

―  八 方 尾 根  ー

長野県 北安曇郡 白馬村 八方
日本最大級のスキー場
長野オリンピック でアルペンスキーの 競技場になったところ

朝8時半八方駅(770m)から ゴンドラリフト「アダム」に乗って 兎平(1400m)迄8分
兎平から アルペンワットリフト に乗って 黒菱平(1690m )迄 7分
黒菱平 から グラートクワットリフト に乗って 5分 八方池山荘(1830m )に到着 

リフトを3台 20分間 乗り継いで スキー場を乗り越える

標高1830m ここからが 八方尾根

白馬連峰の唐松岳から 四方八方 尾根が延びていることから 八方尾根 と名付けられた とか
見晴らしがよく スケールの大きい 大雪原
天気も上々
未知の世界へ 意気揚々

令 和 2 年 2 月 2 9 日  八 方 尾 根



posted by t_matusige401 at 07:02| Comment(0) | 写真、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

自 分 を 見 つ け に 幾 千 里

syugyoku.jpg

ー  珠 玉  ー

梅雨晴れ間

道端の草葉に



これは

珠玉

心を込めて撮る

「 道 端 の 造 形 」



posted by t_matusige401 at 07:15| Comment(0) | 写真、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

自 分 を 見 つ け に 幾 千 里

sizuku.jpg

ー  雨 あ が り  ー

「 花 を 撮 っ て 花 を 超 え る 」
そう考えて
「 道 端 の 造 形 」
を始めました

でもそれは無理なようです

「 花は花として友達になって その中に造形を見つける 」
そんな気がしています

「 道 端 の 造 形 」





posted by t_matusige401 at 08:29| Comment(0) | 写真、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

自 分 を 見 つ け に 幾 千 里

sirojyuuji-1.jpg

ー  白 十 字  ー

ドクダミは周辺の道端に
あちこち
咲いています

先日
新聞で川端茅舎の句を知りました
すると
撮ってみたくなりました

どくだみや真昼の闇に白十字
川端茅舎

「 道 端 の 造 形 」



posted by t_matusige401 at 08:13| Comment(0) | 写真、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

自 分 を 見 つ け に 幾 千 里

gyousyagoya.jpg

ー  い ず れ ま た  赤 岳  ー

中山尾根展望台から20分 足らず 行者小屋 迄下りて来る

真冬というのに テントを張る人が多い
行者小屋は赤岳鉱泉と同じ 赤岳へ登るための 前 進 基 地
( コロナの影響で4月から11月末まで休業中 )
テントは 厳しい自然と接するための 修 行 の 場 か

赤 岳 が正面に聳えている
標高差 約500m 片道行程 約2. 5km 片道所要時間 約2.5 時間
しかし
傾斜が急峻 岩に雪が積もって危険 頂上付近は風が強い
相応の技術と経験を積まないと 赤岳に 登るのは難しい

「 い ず れ ま た 赤 岳 」 登れる日を胸に秘めて 下 山

令 和 2 年 2 月 2 4 日  赤 岳 鉱 泉





posted by t_matusige401 at 07:37| Comment(0) | 写真、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

自 分 を 見 つ け に 幾 千 里

panorama-1.jpg

ー  パ ノ ラ マ 展 望  ー

中 山 尾 根 展 望 台

八ヶ岳連峰のパノラマが広がる
向かって左端 横 岳(2830m ) 中央 主峰 赤岳(2899m ) 右に 中 岳(2700m ) 右端に 阿 弥 陀 岳(2805m )

携帯用の折りたたみ椅子に腰かけて
ポットから 暖かいお茶で 全身を潤す

雪化粧の大自然に包まれて まさに 至福のひと時
「 来 て よ か っ た 」 の満足感が充満する

八ケ岳日帰り登山者の多くは
この 中山尾根展望台 を目指すという

納得である

令 和 2 年 2 月 2 4 日  赤 岳 鉱 泉



posted by t_matusige401 at 06:36| Comment(0) | 写真、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

自 分 を 見 つ け に 幾 千 里

toutyaku.jpg

ー  二 人 だ け の 別 天 地  ー

赤岳鉱泉から30分
深い雪道を登って
行者小屋へ行く途中 中山尾根展望台(2393m )がある

見晴らしが良いので ちょっと休憩
誰もいない

八が岳連峰もすぐ近くに見える
「 二 人 だ け の 別 天 地 」

令 和 2 年 2 月 2 4 日  赤 岳 鉱 泉







posted by t_matusige401 at 07:15| Comment(0) | 写真、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

自 分 を 見 つ け に 幾 千 里

aisukyannde-.jpg

ー  ア イ ス キ ャ ン デ ー  ー

赤 岳 鉱 泉( 2300m )

主 峰 赤 岳 を はじめ
八 ヶ 岳 連 峰 へ 登るために宿泊する基地
( 今年4月から11月末まで コロナの影響で 宿泊休業中 )

ここには 宿の主が作った 高さ15m  アイスクライミング 練習用  巨大氷壁がある
初心者が 安全啓発 遭難防止の 基礎技術をしっかり学べるよう 毎年改良が重ねられている

週末には 定期講習会も開かれ 好評で
参加者同士の中で カップルが生まれ 結婚式を挙げたという
甘く 美味しい場所 にもなっているとか

お陰で
愛 称 : ア イ ス キ ャ ン デ ー と呼ばれる

令 和 2 年 2 月 2 4 日  赤 岳 鉱 泉



posted by t_matusige401 at 07:19| Comment(0) | 写真、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

自 分 を 見 つ け に 幾 千 里

syuppatu.jpg

ー  出 発  ー

長野県 茅野市 豊平
八ヶ岳連峰 主 峰 赤 岳(2899m)

その麓に 赤岳鉱泉(2300m)という主峰への前進基地がある
この赤岳鉱泉は 冬山登山者の 基礎技術習得所 でもあり
週末には アイスクライミングなど 定期講習会 も開かれている

勉強も兼ねて 赤岳鉱泉へ

今年 2月24日 朝7時過ぎ 美濃戸口駐車場(1500m)に到着
道路の凍結などもあって そこか赤岳の登山口 美濃口(1760m)まで徒歩
その距離約3km 標高差260m 所要時間 1時間足らず

早朝の冬は厳しい だが 足どり軽く 目標目指して
「 出 発 」

樹々の隙間から 朝日が眩しい

令 和 2 年 2 月 2 4 日  赤 岳 鉱 泉






posted by t_matusige401 at 07:26| Comment(0) | 写真、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

自 分 を 見 つ け に 幾 千 里

tuyu-1.jpg

ー  梅 雨  ―


コロナと共に

うっとうしい日々

梅 雨

「 道 端 の 造 形 」



posted by t_matusige401 at 08:30| Comment(0) | 写真、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする